ソフトバンクから「Xperia Z3」発売か、初のXperiaシリーズに



ソフトバンク初のXperiaシリーズが発売される可能性が浮上しました。

モバイル系メディア「blog of mobile」が報じたところによると、アメリカ連邦通信委員会(FCC)の認証情報ページから、ソニーが開発中の「Xperia Z3」とされるモデルに、ソフトバンク向けとおぼしきバリエーション「PM-0807-BV」の存在が確認されたそうです。

対応する通信方式は通信方式は2.5GHz帯を用いたAXGP、2.1GHz・1.7GHz・900MHz帯のFDD-LTE、2.1GHz・900MHz帯のW-CDMAなど、ソフトバンクの通信方式とほぼ合致する形に。

イー・モバイルから「Sony Ericsson mini SE51」が発売されたことはあるものの、Xperiaのブランドを冠さない形の展開であったため、実現すればソフトバンクグループ初のXperiaシリーズとなる「Xperia Z3」ですが、おそらく秋冬モデルとしてラインナップされることになりそうです。

blog of mobile >> Blog Archive >> SoftBankグループにSony Xperia Z3を投入か、AXGPに対応したSony Xperia Z3 (PM-0807-BV)がFCC通過

・関連記事
未発表の「Xperia Z3」とされる本体写真が流出 | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia ZL2本体と3GBプランが月額4500円、安さだけじゃないMVNO「mineo(マイネオ)」新プランまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z2」などの液晶が自然に割れる不具合でBBCが検証番組、ソニーが一部を認める | BUZZAP!(バザップ!)

Xperiaのカメラがさらに高画質化へ、ソニーが人間の目のように湾曲したCMOSセンサーを開発中 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  3. XiaomiがOSアップデートを3世代前のスマホにも提供へ、OS軽量化で快適なレスポンスも
  4. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  5. 【追記あり】「Xiaomi 13」国内発売か、Snapdragon 8 Gen 2最速搭載で1インチセンサーの「Pro」含め12月8日発表の可能性

モバイルに関連した楽天商品ランキング