KDDIが新しい「HTC J butterfly HTL23」電撃発表、iPhone 6と真っ向勝負へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



「売れに売れた」と今のなおKDDI関係者の間で語り継がれる「HTC J butterfly」の後継機が電撃発表されました。

KDDIのプレスリリースによると、同社は2014年8月下旬以降に「HTC J butterfly HTL23」を発売するそうです。同モデルはHTCが日本市場向けに特化して開発したau限定モデル第4弾。

5.0インチフルHD(1920×1080)液晶、2GB RAM、フルセグなどを備え、バッテリー容量は2700mAhにアップ。新たに「キャリアアグリゲーション」および「WiMAX 2+」、IPX7の防水にも対応したAndroid4.4スマートフォンです。


また、メインカメラとして1300万画素と200万画素の2つのレンズで、人間の目のような奥行き情報を取得し、3D効果や撮影後のピント変更が可能な「デュオカメラ」を搭載したほか、国内初となる500万画素フロントカメラで驚くほどキレイな自撮りを実現。

カラーバリエーションはルージュ、キャンバス、インディゴの3色。




HTC J Oneで好評だったフロントステレオスピーカーを搭載するほか、ハイレゾ音源にも対応した同梱の「JBL ハイパフォーマンス インイヤー ヘッドフォン」により、音楽だけでなく動画やゲームもこれまでのスマートフォンにはない躍動感で楽しめるとしています。



さらに「au +1 collection」から公式アクセサリーとして、ケース蓋を開けなくても各種通知が確認できる専用ケース「ドットビューケース」が提供される予定です。


電話がかかってきた時はこんな感じになります。


「HTC J butterfly」で好評だった本体デザインに、グローバルモデルの最新機種「HTC One(M8)」のデュオカメラをベースにしつつ、画素数を大きく引き上げた1300万画素カメラを備え、さらに「HTC J」で好評だった高音質ヘッドホンを加える……という、片っ端から詰め込めるだけ詰め込んだ感のある「HTC J butterfly HTL23」。

発売時期的にiPhone 6と正面衝突することになりますが、はたしてどれだけ「戦える」のでしょうか。

2つのレンズで奥行き感が楽しめるデュオカメラを搭載! 新しい「HTC J butterfly」について | 2014年 | KDDI株式会社

・関連記事
2.1GHzの「au 4G LTE」が人口カバー率90%突破、800MHz(99%)に続いて整備を前倒し | BUZZAP!(バザップ!)

つながりやすさへの不満を一切無視、MMD研究所が「ソフトバンクが1位」という不思議な調査結果を発表 | BUZZAP!(バザップ!)

極地戦仕様で超頑丈なWindows 8フォン「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」をKDDIが発売 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加