【悲報】Pioneerが世界シェア7割を誇るDJ機器事業を売却へ

このエントリーをはてなブックマークに追加




DJなら必ずどこかでお世話になったことのあるPioneerのDJ機器。この度このDJ機器部門の売却を検討されていることが報じられました。詳細は以下から。

Pioneerが世界7割のシェアを持つDJ機器事業の売却の検討に入りました。CDJやDJミキサーを始め、世界中のプロから高い信頼を得ていたPioneerのDJ機器は売上規模200~300億円の有料事業でしたが、ポートフォリオ見直しとして売却の判断がされました。売却額は600億円程度になる見込みです。

パイオニア、DJ機器事業も売却へ 金額600億円規模=関係者 マネーニュース 最新経済ニュース Reuters

パイオニア、DJ機器事業売却を検討 世界市場の約7割 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)


PioneerのDJ機器の中で最も有名なのはCDJシリーズでしょう。DJといえばアナログレコードという時代から、CDを用いてDJをするというスタイルの基礎を築いたと言っても過言ではありません。現在の最新機種ではCDからのみならず、USB接続によって音声データの状態からの再生も可能となっており、数多くのクラブでスタンダードとして活躍しています。

売却先として残っているのは「複数の外資系投資ファンド」とされていますが、果たしてPioneerのブランドとクオリティがどのように今後保持されるのか、もしくは変化していくのか、先行きはまだ見えてきません。

クラブ、ダンス業界において抜群の信頼感でシーンを支えてきたPioneerブランド、シーンにプラスになる形での展開になるのでしょうか。

Pioneer DJミキサー DJM-900NXS
パイオニア(Pioneer)
売り上げランキング: 1,827

PIONEER CDJ-2000 nexus TWIN SET
PIONEER
売り上げランキング: 39,601

・関連記事
アニメとクラブの高次結合、東京ジョイポリスで開催された「リアニポリス」に行ってきました BUZZAP!(バザップ!)

高円寺アンダーグラウンドで平日夜に繰り広げられている「高円寺DJ練習会&交流会」とは? BUZZAP!(バザップ!)

法改正のその先へ、クラブとクラブカルチャーを守る会の「風営法改正の現況に関する報告会」で報告されたこと BUZZAP!(バザップ!)

塩ビ管をビーチサンダルで叩いて最高にクールな4つ打ちダンスミュージックを演奏してしまうPipe Guy BUZZAP!(バザップ!)

風営法の枠を超えて未来のクラブの姿を考え、粋に遊ぶことを目指すアクション「PLAYCOOL」が本格始動 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加