やめられないとまらない、高カロリー食やジャンクフードを食べ過ぎるのは脳が疲れているサイン

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Cookie M

お菓子やファストフード、食べ始めるとなかなか止めらなくなります。これ、実は脳の自己制御の低下によって引き起こされることが判明しました。

意志が弱いから甘いお菓子や脂っこいジャンクフードを食べ過ぎてしまうと悩んでいるあなた。実はそれは単に意志が弱いだけではなく、脳の自己規制に関わる部位の機能低下によって引き起こされている可能性があります。

問題の部位は背側前立腺と呼ばれ、この機能が低下した人はより高カロリーな食事やジャンクフードを求めるようになることが新たな研究で明らかになりました。

カナダのウォータールー大学のPeter Hall教授らは「continuous theta burst stimulation」と呼ばれる、素早く変動する磁力を用いて微弱な電流を流し、不快感なしに脳の特定部位の活動を引き起こす手法を用いて実験を行いました。

研究者らが被験者の背側前立腺の活動を一時的に左脳の背側前立腺の機能を低下させると、被験者は高カロリーな食べ物への欲求が増大したことを報告したにとどまらず、味覚テストにおいて偽の刺激を与えた時よりも多くジャンクフードを食べるようになりました。

これまで背側前立腺の機能が上昇すると不健康な食事への欲求を減少させることが知られていましたが、逆にその機能が低下することで高カロリー食やジャンクフードへの欲求が増すことがわかったのは初めてです。

Peter Hall教授は自己制御において脳の健康状態が非常に重要であることが示されたと述べています。特にダイエットに関しては、食べ過ぎの誘惑を避ける環境づくりとともに、脳を健康な状態に保つことが大切だとしています。

そのためには適度な運動を行い、お酒を飲み過ぎず、しっかりと睡眠をとる、というのが最善の策とのこと。

もちろん仕事が忙しいとなかなか実行できないことですが、思わず深夜にラーメンや焼き肉を食べたくなったりスナックを丸々空けてしまうのは、仕事のストレスというよりストレスによって脳の自己規制の機能が低下しているため、と考えた方がよいのかもしれません。

Can't stop eating junk food Blame your BRAIN for allowing lapses in self-control Daily Mail Online

(Photo by Cookie M

タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム LADY パールピンク AM-131-PK
タニタ(TANITA) (2011-05-23)
売り上げランキング: 3,735

・関連記事
高カロリー高脂肪食品にはコカインやモルヒネ以上の中毒性があると判明 BUZZAP!(バザップ!)

これが人工甘味料じゃで満足できない理由?炭水化物を快楽刺激として感じ取る「第六感」が舌に備わっていることが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

あれだけ体に悪いタバコがやめられない理由は脳にあったという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

【保存版】あとちょっと食べたい人向け、食品別200kcalってどれくらい食べれるのか実例集? BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】不健康な食べ物はタバコより危険で課税すべきと国連報告官がWHO総会で提言 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加