フレームレスな高性能スマホ「AQUOS CRYSTAL X」実機レビュー、ソフトバンク独占モデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクのフレームレススマホ「AQUOS CRYSTAL」発表時に冬モデルとして同時に発表されたものの、モックでの展示となっていた「AQUOS CRYSTAL X」の実機レビューをお届けします。

「AQUOS CRYSTAL」はコストパフォーマンスに重きを置き、性能が抑えられる形となっていましたが、同モデルは日本市場を意識し、フルスペックを詰め込んでいます。

CEATEC JAPAN 2014のシャープブースでは「AQUOS CRYSTAL X」の実機が展示されていました。


ベゼルレスの5.5インチフルHD(1920×1080)S-CG Silicon液晶、2.3GHzクアッドコアプロセッサ、120万画素前面カメラ、ワンセグ、Bluetooth 4.0、IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LANなどを搭載。防水および赤外線通信には非対応です。


受話スピーカーではなく、パネル面の振動で音声を伝える「ダイレクトウェーブレシーバー」を搭載。画面のどこに耳を当てても声を聞き取ることができる、京セラのスマートソニックレシーバーライクな機能です。


AQUOS CRYSTAL(右)と並べたところ。背面カメラはリアルタイムなHDR撮影が可能な約1310万画素のものを採用。バッテリー容量は2610mAhです。






実際に触ってみたところはこんな感じ。AQUOS CRYSTALには若干のもたつきがありましたが、スイスイと動きます。

フレームレススマホ「AQUOS CRYSTAL X」の実機を触ってみた - YouTube


また、圧縮された音楽データの情報を復元し、音質を向上させるharman社独自技術「Clari-Fi」を備え、ミュージックプレーヤー再生時やYouTubeなどの動画再生時に高音質サウンドを楽しめるほか、複数台で1枚の画像を表示できる新機能「Swipe Pair(仮)」にも対応。


「Swipe Pair(仮)」を使ったAQUOS CRYSTALたち。まるでデジタルサイネージのようです。


動画で見るとなかなか壮観。

「AQUOS CRYSTAL」をずらっと並べるとこうなる - YouTube


なお、「AQUOS CRYSTAL X」は12月以降発売予定。ソフトバンクのFDD-LTE、AXGPの両方に対応するほか、次世代音声通話技術「VoLTE」もサポートするとされています。

・関連記事
国内最大の家電見本市「CEATEC JAPAN 2014」記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

「AQUOS ZETA SH-01G」レビュー、リコーが認めた本気のカメラを搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも分かっていないドコモ版Xperia Z3のロゴ配置、ソフトバンクはiPhone並みの待遇に | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia Z3の4K動画撮影、発熱で5分以内に強制終了することが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加