「AQUOS ZETA SH-01G」レビュー、リコーが認めた本気のカメラを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが本日発表した2014年冬モデル「AQUOS ZETA SH-01G」のレビューをお届けします。

XperiaやiPhoneのカメラに追いつくべく、目まぐるしい成長を遂げているAQUOSシリーズのカメラですが、ついにリコーからお墨付きをもらうほどのクオリティとなりました。

11月中旬発売予定の「AQUOS ZETA SH-01G」本体。省電力な約5.5インチフルHD(1920×1080)IGZO液晶、Snapdragon 801(2.3GHz、クアッドコア)、2GB RAM、32GB ROM、裏面照射型210万画素前面カメラ、ワンセグ・フルセグ、赤外線、おサイフケータイなどを搭載した防水防塵スマホです。


バッテリー容量は3300mAh




触ってみたところ。

リコーがカメラの実力を認めた「AQUOS ZETA SH-01G」を触ってみた - YouTube


そして「AQUOS ZETA SH-01G」の特筆すべき点が、搭載されている裏面照射型1310万画素カメラ。


リコーのハイエンドデジカメ「GR」シリーズ開発陣が定めた厳格なモバイルカメラ向け画質基準「GR Quality Regulation for Mobile」に準拠した「GR certified」初のモデルです。


実力はこの通り。A4サイズで印刷しても大丈夫です。


アウトカメラ、インカメラ、インカメラワイドの3種類から選べるカメラメニュー


インカメラはこんな感じ。


そしてインカメラワイド。自分を含めた周囲の風景を広々と写すことができます。


カラーバリエーションは4色



・関連記事
NTTドコモの2014年冬~2015年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【パケ死注意】ドコモやソフトバンク、パケット代青天井の「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件にしていることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモは「フルLTE」をiPhone 6に投入、下り最大225Mbpsのキャリアアグリゲーションをダブルで展開も | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが既存ユーザーにもカケホーダイ加入を強要へ、旧プランの月々サポート打ち切り | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが基地局を緑化、クローバーを植えて表面温度を下げることに成功 | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモも画像・動画を圧縮する「通信の最適化」導入へ、ただし強制適用はソフトバンクのみ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加