『問い合わせは直接MVNOの窓口へ』、ドコモがMVNO利用者向けに注意喚起

このエントリーをはてなブックマークに追加



OCNやぷらら、日本通信など、NTTドコモの回線を利用した「MVNO(仮想移動体通信事業者)」のサービスがにぎわいを見せる昨今ですが、NTTドコモが注意喚起を行いました。

MVNO様のサービスをご利用される方へ | 企業情報 | NTTドコモ


NTTドコモの公式ページでは、MVNOのサービスを利用するユーザーに対し、以下のような注意喚起が行われています。

MVNO様の通信サービスは、そのサービスのご利用者様に対して、MVNO様が一義的に提供するものとなります。
MVNO様の提供するサービスについての内容、ユーザーサポートなどの各種お問い合わせにつきましてはMVNO様の窓口へ直接お問い合わせください。


これはおそらくMVNOのサービスを利用しているユーザーが、各種問い合わせをMVNOではなく、NTTドコモに対して行っていることを受けたもの。

安さを武器にじわじわと普及しているMVNOですが、「あくまで携帯電話会社はMVNOに回線を貸し出しているだけ」という部分に対する周知がまだまだ十分でないようです。

・関連記事
MNPで負けても構わない?ドコモが通話定額を強制する本当の理由【後編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【再追記あり】上限無しで月額2480円の「LTE使い放題プラン」をU-mobileが提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

【パケ死注意】ドコモやソフトバンク、パケット代青天井の「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件にしていることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加