FoxconnがApple専用の液晶工場建造へ、新型iPhoneやiPadに採用か

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界各国のメーカーからスマホやタブレット、パソコン、ゲーム機などの製造を請け負っている世界最大の企業・Foxconnが、Apple専用とみられる液晶工場を建造することが明らかになりました。

Bloomberg紙の報道によると、Foxconn傘下の液晶メーカー・Innolux社は今後2年間で26億ドルを投じて台湾に特定のクライアント専用の液晶工場を建造するそうです。

契約上の理由からFoxconnはクライアントを明かしていませんが、おそらくApple専用になる見込み。

なお、十分な金属製の筐体を調達できず、iPhone 5の発売時に深刻な品不足に陥った反省から、Appleは部品メーカーに対して部品の優先供給や工場内に専用ラインを構築させる取り組みを進めています。

ちなみに近年発売されたiPhoneやiPadに対してはシャープ、ジャパンディスプレイ、LGディスプレイ、Samsungなどがディスプレイを供給。

新工場が設立されれば上記のメーカーにFoxconn(Innolux)が新たに名を連ねることとなるため、日本勢に影響が出る可能性も十分に考えられます。

Foxconn Unit to Build Dedicated Taiwan Display Plant - Bloomberg

・関連記事
生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか | BUZZAP!(バザップ!)

あまりに売れないARROWS、富士通が廃棄処分にしていたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Galaxy S5の微妙なカメラ、日本メーカーが協力を拒んだ結果であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Googleの5000円スマホ「Project Ara」、東芝が独占的に部品供給へ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6やiPhone 5sのSIMフリー版が大幅値上がり、ついに円安が直撃 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加