ありえない安さ、60ドルを切る超低価格Windowsタブレットが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



タブレットやスマホの低価格化が進む中、日本円にして数千円で購入できるという破格のWindowsタブレットが登場しました。詳細は以下から。

WinBook TW70CA17 Tablet - Black

アメリカのオンライン通販サイト「MICROCENTER」では2014年12月1日現在、Windows 8.1を採用した7インチIPS液晶(1280×800)搭載タブレット「WinBook TW70CA17」が59.99ドル(約7100円)で販売されています。

「WinBook TW70CA17」本体。IntelのBayTrail-T Z3735G(1.33GHz、クアッドコア)、1GB RAM、16GB ROM、microSDカードスロット、200万画素前面&背面カメラ、IEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、USB2.0やmicroUSB、microHDMI端子などを備えています。


性能はさほど高くないとはいえ、ここまでの完成度のものがこの価格で販売されているというのは十分驚異的。このような格安モデルはモバイルで苦戦しているWindowsのシェアを一気に押し上げることになるかもしれません。

なお、以下のリンクでは2GB RAM、32GB ROMを備えた8インチモデル(139.99ドル)、10.1インチモデル(199.99ドル)もラインナップされています。

WinBook : Micro Center

・関連記事
数千円台で特売される格安Androidタブレット、セキュリティがザル状態であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホさらに進化へ、1万円台・フルHD液晶搭載が当たり前に | BUZZAP!(バザップ!)

1万円台のChromebookまもなく発売へ、格安Windowsと真っ向勝負に | BUZZAP!(バザップ!)

モバイルで大赤字のIntel、タブレットへの補助金を継続へ | BUZZAP!(バザップ!)

やはり日本市場は特殊?世界のスマホで主流の解像度が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加