宇宙ステーションにEメールで工具やスペアパーツを送り、3Dプリントできる時代が到来

このエントリーをはてなブックマークに追加



宇宙にも機材や道具をEメールで送れるようになりました。詳細は以下から。

世界ではじめてISS(国際宇宙ステーション)にEメールを用いてソケットレンチのデータを送信し、無重力状態の宇宙ステーションでの3Dプリントに成功しました。

Made In Space社のMike Chenさんのチームは先日、ISSのBarry Wilmoreリーダーの要請でラチェット式のソケットレンチをコンピュータ上のデータでデザインし、3Dプリント用のフォーマットに変換。そのデータをNASAが受け取り、ISSにEメールで送付しました。

ISSには現在無重力状態で作動するMade In Space社の3Dプリンタが設置されているため、このプリンタを使用してこのソケットレンチを作成しました。


Chenさんによると

「このソケットレンチは地上でデザインされてデータとして宇宙に送られて作成された最初のものだ」


とのこと。この方法で必要な機材やスペアパーツ、道具などを地上から宇宙に送るのはロケットを使って物理的に運搬するのに比べて圧倒的に時間や費用を圧縮できるため、非常に画期的。



この3Dプリンタは今年9月にISSに運ばれ、既に20以上のものが3Dプリントされていますが、その際のデータは地上から共に運ばれたもの。今回のようにEメールで必要に応じてプリントできるようになれば、火星や小惑星帯の調査などの長期のミッションでも大きな力になりそうです。


“Emailing” Hardware To Space  Backchannel  Medium
(Photos by NASA

3D Systems 3Dプリンタ Cube ホワイト
ケイエヌトレーディング (2013-09-19)
売り上げランキング: 145,822

ローランドディージー 3次元プロッタ MDX-15
ローランドディージー (2000-02-22)
売り上げランキング: 74,536

・関連記事
3Dプリント義肢で、生まれつき前足が悪い犬が自由に駆け回れるように BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリントされた超精密な頭蓋骨を移植する手術が難病の女性を救う BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリントで作られた、あまりにも緻密で美しいLaser Girlsのネイルアート BUZZAP!(バザップ!)

世界が平和になりそうな、引き金を引くと銃弾の代わりに紙飛行機が発射される本気の自作マシンガン BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】3Dプリンタで作った自家製の「殺傷能力のある銃」の所持していたとして神奈川県の男性を逮捕 BUZZAP!(バザップ!)

胸の谷間に飛び込みたい!という浪漫を形にしたネックレス型フィギュア「タニマダイバー」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加