3Dプリント義肢で、生まれつき前足が悪い犬が自由に駆け回れるように

このエントリーをはてなブックマークに追加



3Dプリントはここまで着実に進化しています。詳細は以下から。

生まれつき両方の前足が不自由な犬のDerby。Derbyの前の飼い主が飼い続けられなくなったため、動物保護組織のPeace and Paws Dog Rescueが安楽死させられるのを防ぐために養育していましたが、その話を聞き、3ヶ月前に養母となったのがTara Andersonさんでした。



Andersonさんは世界的な3Dプリンティング企業である3D Systems社のディレクターでした。彼女は最初、Derbyに車輪の付いたカートを与えましたが、それでは他の犬と遊ぶこともできず、思うとおりに走ることもできません。


そこで彼女は3D Systems社の助けを借り、3Dスキャナーや高機能3Dモデリングソフトなどを駆使し、Derbyのためにカスタムメイドの義肢を作成。この時使われたProJet 5500は柔らかい素材と硬い素材など、2種類の材質を同時に用いて3Dプリントできる機種であるとのこと。




そしてDerbyはその義肢を装着した途端、生まれた時からずっと使っていたかのように、元気に走り回るようになりました。長く付けていても全く苦にする様子はありません。


動画は以下から。

Derby the dog Running on 3D Printed Prosthetics - YouTube


あまりにも早い3Dプリント技術の発展。攻殻機動隊の「義体」まであとほんの少しなのかもしれません。

3D Printed Prosthetic Legs Give Derby the Dog Full Mobility & New Lease on Life - 3DPrint.com

3D Systems 3Dプリンタ Cube ホワイト
ケイエヌトレーディング (2013-09-19)
売り上げランキング: 145,822

ローランドディージー 3次元プロッタ MDX-15
ローランドディージー (2000-02-22)
売り上げランキング: 74,536

・関連記事
3Dプリントされた超精密な頭蓋骨を移植する手術が難病の女性を救う BUZZAP!(バザップ!)

3Dプリントで作られた、あまりにも緻密で美しいLaser Girlsのネイルアート BUZZAP!(バザップ!)

世界が平和になりそうな、引き金を引くと銃弾の代わりに紙飛行機が発射される本気の自作マシンガン BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】3Dプリンタで作った自家製の「殺傷能力のある銃」の所持していたとして神奈川県の男性を逮捕 BUZZAP!(バザップ!)

胸の谷間に飛び込みたい!という浪漫を形にしたネックレス型フィギュア「タニマダイバー」 BUZZAP!(バザップ!)

漫画家のろくでなし子さんが「自らの女性器の3Dプリンタ用造形データを配布」で再逮捕、作家の北原みのりさんも逮捕される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加