【2015年版】ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルの「学割」比較、最もお得な会社は?

このエントリーをはてなブックマークに追加



1月15日にソフトバンクが火蓋を切って落とし、1月19日の新機種発表会でau、そして1月23日にドコモが発表したことで、ついに役者が揃った携帯各社の学割商戦。

気が付けば学生でなくとも25歳以下であれば加入できるようになった中、各社ごとに大きく内容が異なっていますが、はたしてどのような条件で提供されるのでしょうか。詳細は以下から。

◆NTTドコモ「U25応援特割


・対象ユーザー
新規契約・MNPで「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「シェアパック」を契約した25歳以下のユーザーと家族

・割引内容
学生:「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」が1年間1850円割引(月額850円)
家族:「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」が1年間1350円割引(月額1350円)

・備考
1年経過後も25歳以下のユーザーに対しては「U25応援割」が継続され、500円割引および1GBのボーナスパケットが26歳の誕生月まで毎月提供。なお、「シェアパック10」「シェアパック15」「シェアパック20」「シェアパック30」への加入が必要。

◆KDDI「auの学割


・対象ユーザー
新規契約・MNPで「カケホとデジラ」または「LTEプラン(旧プラン)」を申し込んだ25歳以下のユーザーと家族

・割引内容
カケホとデジラ:学生本人が2年間、家族は1年間(MNP利用時は2年間)月額1500円割引
LTEプラン:学生本人は3年間、家族は1年間(MNP利用時は3年間)基本料934円が無料

・備考
「データ定額5/8/10/13」への加入が必要。「auスマートバリュー」加入の場合、さらに最大2年間毎月1410円を割引

◆ソフトバンクモバイル「家族の学割


・対象ユーザー
新規契約・MNPで「スマ放題」「ホワイトプラン(旧プラン)」を申し込んだ25歳以下のユーザーと家族

・割引内容
スマ放題:学生が26歳になるまで毎月540円割引、データ定額パックに毎月1GB追加(MNPしない家族は2年間)
ホワイトプラン:2年間月額1080円割引(MNPしない家族は1年間)

・備考
今後提供を予定している光回線サービスのセット割引とは併用不可(予定)

◆ワイモバイル「学割応援団


・対象ユーザー
新規契約・MNP・PHSからの機種変更でスマホを契約した25歳以下のユーザー

・割引内容
「TSUTAYA CDレンタル2年分実質無料」「データ通信容量2年間2倍」「Android TV採用ストリーミングプレーヤー『Nexus Player』プレゼント」の3つから選択

・備考
CDレンタル実質無料は「レンタル額に応じて毎月最大1000ポイントのTポイントをポイント還元」「Yahoo!JAPAN IDと電話番号の紐付けが必要」、データ通信量2倍は「本来契約している容量をオーバーした際、通常速度に戻す追加料金(500Mあたり500円)を割引する形のため、逐一サイト上での手続きが必要」などの条件あり

◆あまりにも違う割引内容、携帯各社の月額料金は?
対象となるプランも割引内容も大きく異なる結果となった2015年の学割。そこでBUZZAP!では25歳以下のユーザー本人だけでなく、家族にも特別割引がもたらされる大手3社の月額料金を算出してみました。

なお、想定している家庭は親2人、子1人の核家族で、全員がLTEスマホをMNP契約。月間通信量は両親が2GBずつ、子どもは5GBです。

<NTTドコモ>
カケホーダイ・パケあえる:
「カケホーダイ(子:850円)」×1+「カケホーダイ(両親:1350円)」×1+「シェアパック10(9500円)」+「spモード(300円)」×3+「シェアオプション(500円)」×2=1万4950円(1年間のみ、2年目以降は1万9000円+ボーナスパケット1GB)

<au>
1.カケホとデジラ:
「電話カケ放題(1200円)」×3+「データ定額5(5000円)」×3+「LTE NET(300円)」×3=1万9500円
2.LTEプラン:
基本使用料0円+「LTEフラット(5700円)」×3+「LTE NET(300円)」×3=1万8000円

備考:カケホとデジラ契約の場合、割引の無い「データ定額 2」と割引適用後の「データ定額 5」が同額となる上、auスマートバリューの適用対象となるため、「データ定額 5」契約を推奨。

<au(auスマートバリュー適用時)>
1.カケホとデジラ:
「電話カケ放題(5GB契約の子:1200円)」+「電話カケ放題(両親:1200円)」×2+「データ定額5(5000円)」×3+「LTE NET(300円)」×3-「auスマートバリュー(1410円)」×3=1万5270円
2.LTEプラン:
基本使用料0円+「LTEフラット(5700円)」×3+「LTE NET(300円)」×3-「auスマートバリュー(1410円)」×3=1万3770円

<ソフトバンクモバイル>
1.スマ放題:
「通話し放題プラン(2700円)」×3+「データ定額パック10(9500円)」+「S!ベーシックパック(300円)」×3+「データシェア(500円)」×2-「家族の学割(540円)」×3=1万7880円
2.ホワイトプラン:
「基本使用料(934円)」×3+「パケットし放題フラット for 4G(5700円)」×3+「S!ベーシックパック(300円)」-「家族の学割(1080円)」×3=1万7562円

◆もう少し頑張って欲しかったドコモの学割、ドコモ光で巻き返しはあるのか
これらのキャンペーンの内容をまとめてみると、やはり気になるのがドコモの学割。割引額は1500円と最も多いものの、1年間(1年経過後は25歳以下のユーザーのみ毎月500円割引・1GBのボーナスパケット付与の「U25応援割」が継続)しか割り引かれません。

つまり家族全員で新規契約・MNPする前提である割には、ややお得感に欠ける……と言わざるを得ないわけです。さらに各社の利用料金を試算したところ、「通話定額を利用しないのであれば旧プランを契約したほうが安い」という結果も出ていますが、ドコモは通話定額プランに一本化しているため、選択する余地すら無いのが現状。

若干不利なイメージを持たざるを得ないわけですが、2月以降にサービス開始を予定しているNTT東西の光ファイバーとのセット割引「ドコモ光」の重複適用が可能かどうかが大きく評価を分ける要素になりそうです。

◆学割×スマートバリューが強すぎるau、旧プランと組み合わせれば最安に
そして今年の学割商戦で1人気を吐いたのがau。

従来は重畳して適用できなかった学割とauスマートバリューを適用できるようにした結果、「家族3人がそれぞれ通話定額と5GBパックを契約しても1万5000円程度」という圧倒的なコストパフォーマンスを実現。

データギフトを使えば余ったデータを家族に分けられるため、なかなか経済的であるほか、旧プランを適用すれば一層月額料金を下げることも可能であるなど、価格・サービス共に抜きん出ている感があります。

◆20年以上学割を適用できるソフトバンク
また、ソフトバンクはスマ放題での契約期間について「26歳の誕生月まで」という面白いアプローチを導入。もし子どもがまだ小学校に上がる前であれば、実に20年以上も学割を適用し続けられることになるため、いちいちキャリアを乗り換えるのが面倒……というユーザーにとっては便利かもしれません。

・関連記事
ドコモ・au・ソフトバンク新料金対決、「カケホとデジラ」「カケホーダイ&パケあえる」「新スマ放題」を徹底比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

MNPで負けても構わない?ドコモが通話定額を強制する本当の理由【前編】 | BUZZAP!(バザップ!)

MNPで負けても構わない?ドコモが通話定額を強制する本当の理由【後編】 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加