月額1480円で完全通話定額の「ガラケーのりかえ割」をソフトバンクが提供へ、ただし契約期間は3年

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクがフィーチャーフォン(ガラケー)ユーザー向けに、月額1480円で通話し放題となる「ガラケーのりかえ割」を提供することを発表しました。詳細は以下から。

ガラケー限定! 「ガラケーのりかえ割」を実施 | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、他社のフィーチャーフォン(ジュニア向けケータイ含む)およびPHSユーザーがMNPすると「通話し放題」プランが3年間月額1480円(通常は月額2376円)になる「ガラケーのりかえ割」を2015年2月2日から5月31日までの期間限定で提供するそうです。

また、専用の2段階制パケット定額サービス「データ定額パック(3Gケータイ)S」を適用すれば月額2204~6339円でパケット通信も可能になるほか、月額3780円の「データ定額パック(3Gケータイ)」への加入も可能とのこと。

ちなみに「ガラケーのりかえ割」は2015年度版「auの学割」にみられるような、「割引は最大3年間だけど契約は2年単位。契約を更新して割引をあと1年受けるかどうかはユーザー次第」といった内容ではなく、契約自体も3年で、更新月以外の解約には契約解除料(10260円)が発生する点に注意が必要。

同割引を適用して携帯電話端末を購入する際に必要な新スーパーボーナス契約も「3年割賦」または「一括払い」を選ぶ形式であるため、基本的にウィルコムと全く同じ3年契約のプランであると考えたほうが良さそうです。

・関連記事
【2015年版】ドコモ・au・ソフトバンクの「学割」比較、最もお得な携帯会社は? | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルは用済み、ソフトバンクが吸収合併に踏み切る背景を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがモバイルの設備投資を大幅削減、生まれたキャッシュは海外に積極投資へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加