5人の男たちが凍った湖に息を呑むほど美しい「氷のストーンヘンジ」を5年越しで作り上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加



寒いけれど美しい雪や氷。先日札幌では恒例の雪まつりが開催されましたが、こちらの湖には氷のストーンヘンジができあがりました。詳細は以下から。

アメリカ合衆国ウィスコンシン州の小さな町、レイクミルズ。カナダとの国境にも近いこの町に隣接するロック湖の上に氷で何かを作ろうと考えた5人の男たちがいました。

彼らは5年前、削氷のこぎりなどを使って氷を削りとっていましたが、30センチ立法の氷の重さが30kgにも及ぶことなど、前知識もろくに持たないままだったため大変な重労働になりました。

その後彼らは2年掛けて何かみんなが見て楽しめるものを作ろうと計画を練り氷のストーンヘンジ、その名もIcehengeを作ろうと決定。本来なら去年の冬に実行を予定していましたが、0度以下の気温が続き、氷が分厚く張りすぎたために断念。今年は満を持し、天候にも恵まれて2度の週末の作業で作成。



柱の部分は重さが135kg程、上に渡された氷も90kg程と非常に大きく重いのですが、雪と水をうまく用いて乗せています。西から当たる夕日に一番良く映えるのだと製作者たちは言います。


なお、非常に美しいのですが、気温が暖かかったことと、安全上の理由から既にこのIcehengeは存在しておらず、同町で活動する写真家のEli Wedelさんの写真にのみその姿が残されています。

The ‘Icehenge’ Has Returned - Lake Mills Leader Local

Five guys built Icehenge on a lake and it is beautiful!


ストーンヘンジ(アルケミスト双書)
ロビン・ヒース
創元社
売り上げランキング: 87,638

・関連記事
あまりにも透明すぎて水上を歩いているようにしか見えないスロバキアの凍りついた湖 BUZZAP!(バザップ!)

氷山が裏返しになると巨大な宝石のような神秘的な美しさでした BUZZAP!(バザップ!)

息を飲むような美しさ、アイスランド最大の氷河にある「氷の洞窟」 BUZZAP!(バザップ!)

世界で一番クール?凍りついたバイカル湖の氷で演奏される音楽 BUZZAP!(バザップ!)

かき氷の激戦区となった日光駅前で、話題の日光天然氷のかき氷を食べ歩いてきました BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加