京セラが北米に続きヨーロッパのスマホ市場に進出、独自路線で世界展開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本メーカー勢が携帯電話事業から撤退、縮小を余儀なくされる中、京セラがヨーロッパの携帯電話市場に進出することを表明しました。詳細は以下から。

京セラのプレスリリースによると、同社は今春以降、ドイツ、フランス市場を皮切りに高耐久スマホ「TORQUE(トルク)」の欧州展開をスタートするそうです。

同社がスマホでヨーロッパ市場に参入するのは初のことで、昨年春からテストマーケティングを行い、市場性の検証やユーザーのニーズの把握など、販売に向けた準備を進めてきたとのこと。

投入される「TORQUE(KC-S701)」。基本的な仕様は昨年夏にauから発売された国内版「TORQUE G01」とほぼ同じです。


ドイツおよびフランス市場では、現地ディストリビュータと提携し、企業や法人、官公庁などの法人市場および個人をターゲットとしたSIMフリー端末として提供する方針としています。

なお、京セラは2013年のアメリカ市場を皮切りに、日本、カナダ、そしてコロンビアなどの中南米市場へと、高耐久性スマホの発売範囲を拡大。並みいる強豪に押されて海外市場から手を引く国内メーカーが相次いだ中、逆に打って出る姿勢を見せています。

京セラ、欧州の通信端末市場へ参入 | ニュースリリース | 京セラ

・関連記事
京セラが怒濤の新機種ラッシュやドコモ参入を計画中、SIMフリーはあまりやる気無し | BUZZAP!(バザップ!)

板状じゃない「未来のスマホ」も、夢がある京セラのコンセプトモデルいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

TORQUEと並ぶ超高耐久スマホ「BRIGADIER」のサファイヤガラスディスプレイをクギでいたぶってみた | BUZZAP!(バザップ!)

12周年を迎えた「INFOBAR A03」レビュー、デザインと性能を兼ね備えたコンパクトモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

au初の本格シニアスマホ「BASIO」レビュー、あまりにもぶっちぎりなフルスペックモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

不適切な言葉をたしなめてくれるau初のジュニアスマホ「miraie」で遊んでみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 怒濤の高コスパ高性能スマホ「POCO X3 Pro」再び値下げ、たった2万円台で最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載
  2. 8000円台の超格安タブレット「Alldocube iPlay 8T」登場、人気の「iPlay 40」も大幅値下がりでSIMフリーモデル祭りに
  3. えげつなく安い高性能スマホ「POCO X3 Pro」や格安タブレット「Alldocube iPlay 40」値下げなどBanggood.comが「2021GWセール」開催、曲面モニターや格安PCもあります
  4. 【超格安スマホ】わずか1万円台前半の「POCO M3」レビュー、十分な性能に6000mAhバッテリー、3眼カメラ、オシャレなボディの使える1台
  5. 【追記あり】ソフトバンクが楽天モバイル提訴、基地局の使用差し止めや1000億円規模の損害賠償請求でエリア縮小のおそれも

モバイルに関連した楽天商品ランキング