オーストラリア最高齢109歳のおじいちゃん、現役で傷ついたペンギンのためのセーターを編み続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加



広大なオーストラリア大陸、100歳を越えたおじいちゃんはまだまだ現役真っ盛り。原油漏れで傷ついたフェアリーペンギンたちのためにセーターを編み続けていました。詳細は以下から。

今年109歳になったオーストラリアのニューサウスウェールズ州に住むAlfred Dateさんはオーストラリア最高齢のおじいちゃん。そしてニット歴80年というとんでもない経歴を持つお方。


このおじいちゃんが去年から編んでいたのは人間ではなくペンギンのためのセーター。ヴィクトリア州フィリップ島のPhillip Island Penguin Foundationから原油漏れ事故で傷ついたフェアリーペンギンのリハビリためのセーター。

羽が原油に塗れたペンギンは、冷たい水が羽の内側まで進入することから体を温めるのが困難となり、狩りにも支障をきたす上に、ベトついた羽を毛づくろいする時に汚泥を呑み込んでしまったりもするのですが、このセーターはそれらを防ぐ役割があります。

2001年にフィリップ島付近で438羽のフェアリーペンギンが原油塗れになる事故があった時、こうしたセーターによって96%が自然に帰ることができたという実績があり、Phillip Island Penguin Foundationは2013年に広くペンギン用のセーターの寄付を募集しました(現在は終了)。


Wildlife rehabilitation

そこで立ち上がったのが当時108歳だったAlfredさん。7人の父親であり20人の孫でもある109歳のおじいちゃんが初めて編み物をしたのは1930年代に赤ちゃんだったいとこのためのセーター。それから80年もの間編み物をしてきました。

Phillip Island Penguin Foundationは「Alfredさんが100歳を超えていたのは知っていたけれど、まさかオーストラリア最高齢だったとは…」と驚きを隠せず「彼の時間と労力を私達Phillip Island Penguin Foundationの仕事ために捧げてくれたことは本当に光栄で素晴らしいことです」とコメントを出しています。

なお、Alfredさんに長生きの秘訣を聞いたところ

「毎朝目を覚ますことだよ(waking up every morning)」


と冗談も冴え渡っていたということです。

Australia's oldest man still knitting for human and animal friends at 109

Australia's oldest man likes to knit mini sweaters for injured penguins


PENGUINS 地球にすむユニークな全19種
藤原 幸一
講談社
売り上げランキング: 426,184

・関連記事
まるで深い森に佇む巨木のよう、100歳以上の肉体の美を克明に写しとった写真集「Centenarians」 BUZZAP!(バザップ!)

これ最高!84歳のおじいちゃんが孫娘にプレゼントしたのは自作のデス・スター型の焚き火台でした BUZZAP!(バザップ!)

やっぱりダンスって素晴らしい!老夫婦があまりに見事なペアダンスでフロアを完全にロック BUZZAP!(バザップ!)

合法化された大麻をシアトルの3人のおばあちゃんが初体験する映像が世界中で大反響 BUZZAP!(バザップ!)

若作りなんてしない、最高にクールでファッショナブルなおばあちゃんたちのフォトスナップ集 BUZZAP!(バザップ!)

むしろこの方がクール!アジアの若者と父母、祖父母の服を取り替えてみた写真シリーズ BUZZAP!(バザップ!)


このエントリーをはてなブックマークに追加