京セラがWindows Phone版「TORQUE」試作、ソーラー充電モデルも

このエントリーをはてなブックマークに追加



高耐久スマホ「TORQUE」にWindows Phoneを採用したモデルを京セラが試作しました。詳細は以下の通り。

京セラの告知によると、同社は現地時間の3月2日(月)からスペイン・バルセロナで行われる通信関連の見本市「Mobile World Congress 2015(MWC2015)」において、ヨーロッパ市場進出第1弾となる「TORQUE」の展示を行うそうです。

さらにプロトタイプとして、過酷な自然環境や作業現場など、充電が困難な場所での電力消費抑制のため、「TORQUE(SKT01)」をベースに、フランスのSunpartner Technologiesと共同開発したフィルム型ソーラー発電モジュールをフロントに搭載したモデルも出展。

Windows Phone 8.1をインストールしたプロトタイプやデザインコンセプトもお披露目するとしています。

・関連記事
京セラが北米に続きヨーロッパのスマホ市場に進出、独自路線で世界展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

京セラが怒濤の新機種ラッシュやドコモ参入を計画中、SIMフリーはあまりやる気無し | BUZZAP!(バザップ!)

板状じゃない「未来のスマホ」も、夢がある京セラのコンセプトモデルいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

TORQUEと並ぶ超高耐久スマホ「BRIGADIER」のサファイヤガラスディスプレイをクギでいたぶってみた | BUZZAP!(バザップ!)

12周年を迎えた「INFOBAR A03」レビュー、デザインと性能を兼ね備えたコンパクトモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

au初の本格シニアスマホ「BASIO」レビュー、あまりにもぶっちぎりなフルスペックモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

不適切な言葉をたしなめてくれるau初のジュニアスマホ「miraie」で遊んでみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加