東京電力が「携帯電話と電気料金のセット割引」や共通ポイント提供へ、関西電力なども追従か

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTT東西の光回線卸売りを利用した「ドコモ光」がスタートしたことで、ついに大手3社そろい踏みとなった携帯電話と光回線のセット割引。

なんと今度は通信事業の枠を超え、電気料金とのセット割引が実現することが明らかになりました。

日本経済新聞社の報道によると、東京電力は2016年度から通信と電気をセットにした割引販売に乗り出すそうです。

これは2016年4月から家庭向け電力小売りが自由化され、新規事業者との競合が激しくなることを受けたもので、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社からセット販売の事業提案を募り、4月中にも提携先を1社決めるとのこと。

気になるセット料金の内容については「携帯電話契約を他社から乗り換えたユーザーに対して電気料金を1年間10%下げる」といった料金プランも可能になるとしており、携帯電話ショップでの電気契約も可能にする方針。

さらに東電はコンビニエンスストアなどで使える「共通ポイント」の導入も検討しており、数千万人のユーザーを抱える「Ponta」や「Tポイント」「楽天スーパーポイント」の3陣営に対し、月内に提携を打診するとしています。

なお、電力小売りが自由化された場合、東京電力は他の電力会社の管内でも電気を販売する方針。つまり東京電力管内以外でも携帯電話とのセット割引が提供される可能性があるほか、関西電力なども携帯電話会社との提携に追従する可能性があるとみられています。

携帯・電気セットで割引 東電、ドコモなどと交渉  :日本経済新聞

・関連記事
「NTTの光回線とau携帯電話のセット割引」ひそかに拡大中、スマートバリュー以外の選択肢に | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがMVNOに参入する方針、新ブランドで自ら格安SIM提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

携帯各社の光回線セット割引比較、「ドコモ光パック」「auスマートバリュー」「スマート値引き」のどれが一番お得なのか | BUZZAP!(バザップ!)

【フレッツ光ユーザー注意】「光サービス卸」悪用でいきなり行政指導へ、同意無し・なりすましで契約変更 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加