ソニーが不振のスマホや液晶テレビの生産を縮小へ



苦戦しているスマホや液晶テレビについて、ソニーが生産数の抑制に乗り出すことが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」が報じたところによると、ソニーがFoxconnやTPV Technology、Arima Communicationsなどに対して行っているスマホやテレビの委託生産を縮小することを業界関係者が明かしたそうです。

これらのメーカーはソニーに対し、OEM(相手先ブランドによる生産)やODM(設計や開発も含む相手先ブランドによる生産)の形で、もっとも販売台数を稼げるエントリーモデルのスマホや液晶テレビを供給。

しかしエントリーモデルは収益率が低く、収益を上げるためには文字通り「薄利多売」が必要な一方で、より生産台数が多く、スケールメリットを生かせる中国・韓国メーカーの台頭でソニーは苦戦を強いられ、事業の立て直しが急務となっていました。

販売台数競争から離脱し、利益率の低い製品が売上高を占める割合を引き下げ、営業利益率を改善するためとされる今回の措置。

昨年9月にお伝えした、ソニーが利益率の高いハイエンドスマホに特化する方針を受けたものとなっていますが、大画面化したiPhone 6が空前のヒットを記録したAppleをはじめ、強豪が立ち並ぶハイエンド市場でどれだけ巻き返せるのでしょうか。

Sony to reduce TV and smartphone orders to Taiwan production partners

Arima Communications may be hit by Sony Mobile decreasing orders

・関連記事
格安スマホ「VAIO Phone」「Xperia J1 Compact」、どちらが買いなのか比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「Xperia J1 Compact」正式発表、VAIO Phoneとわずか3800円差で性能は段違い | BUZZAP!(バザップ!)

【解説】「VAIO Phone」は何故2万円高く設定してあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「Zenfone 2」日本発売確定、ドコモやau、ソフトバンク回線で利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  2. Xiaomi格安スマホ「POCO X4 Pro」値下げ、iPhone 14 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、液冷機構搭載でマルチキャリアにも対応
  3. 「Snapdragon 8 Gen 2」Apple M1超えの快挙、AndroidスマホがiPhoneより高性能に
  4. Galaxyへの最新OS提供が高速化へ、4世代のAndroid OSアップグレード保証に続く手厚いサポートに
  5. 第2世代「OPPO Pad」などDimensity 9000搭載の超高性能タブレット相次ぎ発売へ、高精細ディスプレイも備えた正真正銘のハイエンドモデルに

モバイルに関連した楽天商品ランキング