iPhone 6cはプラスチック筐体採用、5cよりも低価格で展開か

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 6/6 Plusと共に4インチ版の「iPhone 6c」がリリースされる可能性があることを先日BUZZAP!でお伝えしましたが、気になる情報がもたらされました。詳細は以下から。

iPhone製造の大半を担うFoxconnなどのお膝元、台湾のメディア「DIGITIMES」が携帯電話部品メーカー関係者の話として報じたところによると、Appleは2015年後半にiPhone 5cを置き換えるべく、4インチのiPhone 6cを導入する方針だそうです。

iPhone 6cはiPhone 5c同様、ミッドレンジ~エントリークラスを対象にリリースされるモデルで、製造はスマホの受注生産で伸びを見せる台湾メーカー・Wistronが担当する見込みとのこと。

なお、AppleはiPhone 5c発売時に本体価格をiPhone 5sの本体価格(720ドル~)とほとんど変わらない600ドルに設定していましたが、大量の不良在庫が発生し、2014年3月に450ドルへの値下げを余儀なくされるなどの手痛い失敗を経験。

そのため今回は最初から本体価格を400~500ドル程度に引き下げて展開するとみられており、製造コスト削減のため、引き続きプラスチック製のボディを採用する可能性が高いと関係者はコメントしています。

なお、AppleはiPhone 6シリーズで空前の売り上げを記録したものの、インド、アフリカ、中南米などの新興国市場での出荷台数は横ばいなのが現状。シェアを伸ばすためにも低価格モデルとしてのiPhone 6c投入は必要不可欠であるようです。

Apple to tap emerging markets again with iPhone 6C, say sources

Apple rumored entry-level iPhone 6C to be made by Wistron

・関連記事
今年発売のiPhone 6s/6s Plus、4インチ版の「iPhone 6c」を含めた3モデル展開に | BUZZAP!(バザップ!)

生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか | BUZZAP!(バザップ!)

落としても壊れず曲げられる「やわらかiPhone」の特許をAppleが取得 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加