落としても壊れず曲げられる「やわらかiPhone」の特許をAppleが取得

このエントリーをはてなブックマークに追加



金属製のボディを採用しているため、落とすと物理的にも気持ち的にも大きく凹んでしまうiPhone。

そのため中には手に収まるコンパクトさや、ポケットの中にスッと収まるスリムさを犠牲にして、フルアーマーのようなバンパーを装着している猛者もいるわけですが、将来そのような心配はいらなくなるかもしれません。詳細は以下の通り。

Apple wins extensive patent for foldable, flexible iPhone with force gesture controls

Apple系の大手情報サイト「Appleinsider」が報じたところによると、Appleは2011年に出願したフレキシブルな電子デバイスの特許がこの度認められたそうです。

これは現在、金属製ボディやガラス製ディスプレイを採用しているiPhoneにプラスチックやガラス、繊維複合材料などを採用することで、サイフのように三つ折りに曲げたりできるようになるなど、柔軟なボディを実現するというもの。


さらに回路基板やセンサー、モーター、スピーカーなどの主要な部品をカプセル化して配置することで、本体を曲げた時にも耐えられるようにするとのことで、その結果、落下時の衝撃にもより強くなるとされています。


あくまで将来的な実現可能性が提示されただけで、すぐさま実現するわけではない「やわらかiPhone」。

曲げられることに対する需要は未知数ですが、耐落下性能を求めるユーザーは決して少なくないと思われるため、今後の研究開発が期待されます。

・関連記事
iPhone 6 Plusに簡単に手で曲げられる脆弱性が判明、ポケットに入れて曲がった事例も | BUZZAP!(バザップ!)

4インチ版の「iPhone 6s mini」、今までに無い低価格モデルとして展開か | BUZZAP!(バザップ!)

生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか | BUZZAP!(バザップ!)

Appleが日本に最先端の研究開発拠点「テクニカル・デベロップメント・センター」設置へ、技術者引き抜きの懸念も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneやGALAXYの製造原価を部品ごとに一目でチェックできるグラフ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加