携帯各社が2年縛りの「更新月」を2ヶ月に延長することが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



5月に導入される「SIMロック解除」によって、ユーザーが好きな携帯電話と好きな通信会社をある程度組み合わせて利用できるようになりますが、さらに2年縛りが少しだけ緩和されることになりました。詳細は以下から。

産経新聞社の報道によると、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイルは2年契約経過後に無料で契約を解除できる「更新月」を1ヶ月から2ヶ月に延長するそうです。

更新月延長は冬モデルが発売される2015年10~12月に導入される予定で、ワイモバイルブランドのみ2016年1~3月にずれ込み。

また、「気付かないうちに更新月が過ぎていた」という苦情が多いことも受け、新たに更新月の前月にメールで告知するサービスも導入されるとしています。

「2年縛り」更新月を2カ月に延長 携帯大手3社、改善策示す (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

・関連記事
ドコモが解約金大幅増の「端末購入サポート」対象期間を12ヶ月に延長、実質14ヶ月縛りに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが解約金を5~6万円台に大幅引き上げ、縛り期間も延長 | BUZZAP!(バザップ!)

解約金5万円台も、ドコモの「端末購入サポート」対象機種が続々拡大中 | BUZZAP!(バザップ!)

【要注意】ドコモやソフトバンク、いまだにパケ死を招く「スピードモード」「快適モード」加入を割引の条件に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加