LTEの通信量を10分の1に削減できる技術をKDDIが開発、新手法で60GHz帯(ミリ波)活用

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホ普及で爆増するLTEネットワークの通信量を10分の1程度まで削減できる、画期的な技術が開発されました。詳細は以下から。

KDDI研究所のプレスリリースによると、同社は「ミリ波」と呼ばれる60GHz帯と現行のLTEを協調させた通信手法を開発し、実際にAndroid端末で動作させることに成功したそうです。

60GHz帯は1Gbpsを超える超高速通信を実現する一方で、比較的建物の中などに電波が届きにくいとされるWiMAXやAXGPの周波数帯(2.5GHz)よりも電波がさらに届きにくく、エリアも狭くなるのが難点。

さらにユーザーが移動するにつれてLTE→60GHz帯→LTE……といったような切り替えが発生する上、通信を始める前の処理時間がかかることもあって、継続的に通信できないというデメリットがあったことから、移動通信サービスでの利用には問題があるとされていました。

しかし今回、KDDI研究所は現在研究が進められている、ネットワークの役割をサーバーとの接続から、コンテンツの取得に変えようという考え方に基づいた「CCN (Content Centric Networking) 技術」を採用。

「ユーザーの位置情報から、到達するであろう60GHz帯エリアをLTEエリア内で予測し、必要なコンテンツを基地局側に先回りダウンロードさせる」というアプローチによって、ユーザーが60GHz帯エリア内に入ってすぐにコンテンツをダウンロードさせる仕組みを実現しています。

これがイメージ。60GHz帯の基地局にあらかじめデータをダウンロードさせる仕組みによって、固定回線の速度がボトルネックになることも避けられています。


なお、KDDI研究所が今回の技術を用いて行った実機実験の結果、ダウンロード時間はLTEのみを使った場合と比較して5分の1以下にまで削減できたほか、LTEネットワークの通信量を最大約90%、60GHz帯にオフロードできるとのこと。

つまり60GHz帯を活用することで、現行のLTEネットワークの通信量が10分の1近くにまで激減し、60GHz帯エリア以外でも従来以上に高速・快適な通信が利用できるようになるというわけです。

ちなみに上記の説明でピンと来ないのであれば、現在のWi-Fiを用いたネットワーク通信量削減をさらに強化したもの……と考えれば分かりやすいかもしれません。

60GHz帯通信とLTEを協調動作させる通信方式の開発~5G時代の新しい通信プロトコル~ | 2015年 | 株式会社KDDI研究所

・関連記事
【カメラ比較】Xperia Z4、Galaxy S6 edge、iPhone 6、isai vivid、HTC J butterfly、TORQUE G02、AQUOS SERIEで夜景撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【ベンチマーク比較】Xperia Z4、Galaxy S6 edge、isai vivid、HTC J butterfly、TORQUE G02、AQUOS SERIEの実力は? | BUZZAP!(バザップ!)

【発熱耐久実験】Xperia Z4・Galaxy S6 edge・iPhone 6・isai vivid・HTC J butterfly・AQUOS SERIEを比較 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加