販売台数が危険水域に陥った「Galaxy S6」、ドコモが発売1ヶ月で機種変更価格引き下げへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモがGalaxy S6シリーズの機種変更価格を引き下げることになりました。

時事通信社の報道によると、NTTドコモは2年契約がまもなく終了する約40万人の「Galaxy S4」ユーザーに対し、「Galaxy S6」および「Galaxy S6 edge」へ機種変更した場合、スマホ本体の下取り価格を540円から5400円に引き上げる方針を固めたそうです。

また、別途5000円引きクーポンもメールで配信するとのことで、「ドコモのツートップ」として発売したGalaxy S4のユーザーが流出することを防ぐ目的とされています。

発売1ヶ月でテコ入れが行われることになった「Galaxy S6」シリーズですが、全国の量販店の4割をカバーする「BCNランキング」で売れ行きを見てみると、発売からちょうど1ヶ月にあたる2015年5月18日~5月24日のランキングはGalaxy S6 SC-05Gが39位で、Galaxy S6 edge SC-04Gは47位

ASUSの「Zenfone 2 32GBモデル(9位)」はもちろん、ドコモが販売している「キッズケータイ(36位)」や4月発売のSIMフリースマホ「コヴィア FLEAZ F4s+(29位)」にすら負けているのが現状です。

つまりGalaxy S4からの機種変更ユーザーに対して、いち早く優遇策が提供されるようになった背景には、もはやGalaxy S6シリーズには新規顧客を積極的に獲得するだけの商品力がなく、既存ユーザーを囲い込まないとさらなるジリ貧に追い込まれる……という焦りすら見えてくるわけですが、状況は好転するのでしょうか。

・関連記事
【カメラ比較】Xperia Z4、Galaxy S6 edge、iPhone 6、isai vivid、HTC J butterfly、TORQUE G02、AQUOS SERIEで夜景撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【発熱耐久実験】Xperia Z4・Galaxy S6 edge・iPhone 6・isai vivid・HTC J butterfly・AQUOS SERIEを比較 | BUZZAP!(バザップ!)

【ベンチマーク比較】Xperia Z4、Galaxy S6 edge、isai vivid、HTC J butterfly、TORQUE G02、AQUOS SERIEの実力は? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加