次世代iPhoneのカメラ、デュアルレンズ採用で劇的に進化か



スマホメーカー各社が1000万画素超えのカメラを相次いで採用する中、いまだ800万画素カメラを採用しているiPhone。

しかし光学手ブレ補正の採用やレンズの改善により、高画質化を進めているわけですが、新たにデュアルレンズを採用する可能性があることが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディアの報道によると、HTCなどにデュアルレンズソリューションを提供しているAltekの夏氏が、「iPhoneの2016年モデルには8割の確率でデュアルレンズが搭載される」という見方を明らかにした上で、今後同レンズの採用がスマホの主流になると述べたそうです。

また、Altekに対して現在、5~6社からデュアルレンズの発注が行われており、これを受けて同社は2015年の携帯電話向け画像処理プロセッサの出荷見通しを前年比3倍となる3000万個に引き上げたとのこと。

デュアルレンズを採用したauの2015年夏モデルスマホ「HTC J butterfly HTV31」。2つ目のレンズが奥にフォーカスを当てて距離情報を記録することで、撮影した後から「好きな場所にピントを合わせて他をぼかす」などのさまざまな効果を加えることが可能。つまり次世代iPhoneではより一眼ライクな写真を撮りやすくなるわけです。


なお、台湾メディア「Digitimes」の市場調査によると、スマホカメラの高画質化もあって、コンパクトデジカメ市場は急速に収縮しており、2015年の出荷台数は前年比25%減の3000万台規模にとどまるとしています。

【携帯】 iPhone 16年モデル、8割の確率でデュアルレンズ搭載 HTC One製造台湾社トップ指摘 - EMSOne中国電子・電気・通信市場情報からEMS情報まで毎日更新! - www.emsodm.com

Altek expects growing adoption of dual-lens solutions for smartphone cameras

・関連記事
iPhone 6cはプラスチック筐体採用、5cよりも低価格で展開か | BUZZAP!(バザップ!)

今年発売のiPhone 6s/6s Plus、4インチ版の「iPhone 6c」を含めた3モデル展開に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6sは初の2GB RAM搭載、Apple SIM採用で携帯会社の「土管化」進行へ | BUZZAP!(バザップ!)

大画面化が進むiPhone、スピーカーも大音量化してることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

落としても壊れず曲げられる「やわらかiPhone」の特許をAppleが取得 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング