iPhone 6sは初の2GB RAM搭載、Apple SIM採用で携帯会社の「土管化」進行へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ついにAppleがiPhoneのRAM容量を増やす見通しであることが明らかになりました。詳細は以下から。

老舗Apple系情報サイト「Apple Insider」が過去に信頼性の高い情報を提供してきた人物から寄せられた情報を元に報じたところによると、Appleが2015年9月に発表・発売を予定している新型スマホ「iPhone 6s/6s Plus」において、2GBのRAMを採用する見通しであるそうです。

これは同社のモバイル機器としては初めて2GB RAMを搭載したiPad Air 2に続くもので、iPhoneとiPadでRAMの容量が揃うことに。

RAMが増加されることで、バッテリー寿命や製造コストに影響が出るとみられるものの、現行の1GB RAMでは容量が足りず、「Safariが頻繁にリロードを要求する」「バックグラウンドでアプリが動作しづらい」といった問題が改善することになります。

なお、iPhone 6s/6s Plusでの改善点はRAMの増量だけにとどまらず、携帯電話ショップに行かずとも、端末本体さえあればオンラインで通信契約が行え、好きな時に会社を乗り換えられる仮想SIMカード「Apple SIM」をサポートするとのこと。

しかし携帯電話会社にはApple SIMについて、自社サービスでの収益化を妨げ、通信回線を提供するだけの「土管化」を進めるものと警戒する向きもあるため、Apple自らが販売するSIMフリー版ではApple SIMを活用でき、各携帯電話会社の店頭で販売されるiPhone 6sは各社との契約に紐付いたもの……という扱いになる可能性があるとされています。

'iPhone 6s' said to ship with 2GB of RAM, Apple leaning toward including Apple SIM

・関連記事
4インチ版の「iPhone 6s mini」、今までに無い低価格モデルとして展開か | BUZZAP!(バザップ!)

大画面化が進むiPhone、スピーカーも大音量化してることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

イオンが4月からApple専門店を国内展開へ、まずは首都圏と沖縄に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7(仮)の液晶生産も、ジャパンディスプレイの新工場建設にAppleが資金提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加