カメラがスナイパーライフルに変身してしまう、ライカの激レアなアクセサリ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ライカが70年前に作成したスナイパーライフル型のカメラ用アクセサリがオークションに出品されることが話題となっています。

カメラで被写体を狙う。確かにスナイパーが敵を狙うのとちょっと似ているかもしれません。しかし、その発想で実際に作られたアクセサリが存在していました。しかも作ったのはカメラ好きなら知らない人はいない、あのライカです。

今回出品されるのはthe Leica Telephoto Assembly Rifle。ライカ・ガンとしても知られるこのアクセサリは元々1936年のベルリン・オリンピックの写真家のために作られたもの。その後戦間期には野生生物やスポーツを撮影する写真家の間で人気になっていた品です。


今回の出品はキャリーケースにカメラ本体、レンズ2本などが着いた100%オリジナル仕様とのこと。


各パーツの様子はこんな感じ。もちろん動作保証付きです。これはスコープに繋がるファインダー。


シャッターならぬトリガーです。


マウント部分。


銃床に当たる部分はこうなってます。


なお、今年のWestLicht photography auctionでのスタート価格は150000ユーロ(約2000万円)で、落札予想価格は350000ユーロ(約4800万円)とのこと。ちょっと気軽に買えるお値段ではありません。

それでもチャレンジしてみたい方は以下のサイトからチェックしてみてください。Lot33が該当商品となっています。

WestLicht Photographica Auction Kamera-Auktionen

Leica Camera Rifle Prototype Valued at Over $350,000

・関連記事
空に放り投げるだけであなたを自動追尾して自撮りし続けてくれるドローンが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

これが大人の本気、ロンドンの技術者が本気で作った「ガトリング水鉄砲」がすごいことに | BUZZAP!(バザップ!)

絶対に見つけられない、自然の中に姿を隠した現役スナイパーたちの写真集 | BUZZAP!(バザップ!)

Photoshopの25年に渡るデザインの歴史を並べて見てみるとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

17歳のスタンリー・キューブリック少年が撮影した1946年のニューヨーク地下鉄の写真 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加