空に放り投げるだけであなたを自動追尾して自撮りし続けてくれるドローンが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



自撮り棒を一気に過去のものとしてしまいそうなドローンの登場です。詳細は以下から。

空へと放り投げると自動的に飛行して、端末を持った人間を自動的に追尾、その間画像や映像を撮影してくれるという夢の様なドローンが登場しました。

その名は「Lily」。ちょっとアスキーアートを思わせるような可愛い顔のついたコンパクトなドローンです。


継続飛行時間は20分間。丸いトラッキングデバイスを持っている人間を最大時速40km追いかけてくるのですが、ウォータープルーフな上にサイズも26cm×26cm×8cmで1.3kgと携帯性も抜群。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、5Aの充電器から2時間でフル充電が可能。



カメラは12MPの画像撮影ができる他、1080PのHD撮影、120fpsでのスローモーション撮影も可能です。もちろん音声も録音できます。


実際の動画で見てみると、これは相当なスペックです。

Introducing the Lily Camera - YouTube

詳細情報は以下のHPから。プレオーダーも受付中で、6月15日までは日本からだと税別送料込みで529ドル(約62000円)と破格。2016年の2月の配送を予定しています。

Home page - Lily

アニメに出てくるロボットを思わせる可愛らしさと自動追尾での動画撮影という機能。動画のようなスポーツはもちろん、使い方の幅は無限に広がりそうです。これなら官邸の屋上に墜落する心配もなさそうです。

Flying Selfie Camera

Hubsan X4 HD (ワインレッド) H107C-1
ジーフォース
売り上げランキング: 25

・関連記事
は…速い!本気で魔改造されたドローンの超絶飛行が完全にニュータイプの域に達している | BUZZAP!(バザップ!)

これが有人飛行の極致なのか…ジェットマンのドバイ上空での飛行が息を呑むほどに自由で壮観 | BUZZAP!(バザップ!)

ドローンを魔改造してスターウォーズの「ミレニアム・ファルコン号」を自作したら完全にUFOに | BUZZAP!(バザップ!)

アメリカ海軍に配備された最新レーザー兵器が完全にテレビゲームの世界に | BUZZAP!(バザップ!)

ドローンがカンガルーにパンチで撃墜される事案が発生 | BUZZAP!(バザップ!)

廃墟と森と巨大ドーム、ドローンで撮影されたチェルノブイリの現在の姿 | BUZZAP!(バザップ!)

まるでマクロスかガンダム、スターウォーズを帝国視点から80年代日本アニメ風に描いたショートアニメ作品がすごい! | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加