「isai vivid LGV32」速攻レビュー、美麗液晶や一眼に迫る本格カメラ採用

このエントリーをはてなブックマークに追加



グローバル向けのフラッグシップモデルをそのまま日本で販売するのではなく、日本人が使いやすいようカスタマイズしていることでおなじみの「isai」シリーズ最新機種「isai vivid LGV32」が発表されたので、さっそくレビューをお届けします。詳細は以下から。

「isai vivid LGV32」本体。ディスプレイにはRGB三原色の発光体を使うことで色再現範囲15%向上、コントラスト比1500:1、500nit(従来は1000:1、400nit)を実現した「IPS Quantum」を採用。5.5インチ、WQHD(2560×1440)の大画面・高解像度液晶です。



背面カメラは光学3軸手ブレ、暗いところでも0.1秒台でピントが合う「レーザーオートフォーカス」対応のLASER CAM F1.8(f値1.8、センサーサイズ1/2.6)1600万画素カメラ。なんとRAW形式で撮影できます。






5.5インチにもなると本体が片手で持ちづらくなりますが、薄型・ラウンドフォルムボディによって持ちやすくなっている点も大きなポイント。バッテリー交換も可能です。





さらに新搭載「シークレット機能」を搭載。画面をトントンと叩くだけで立ち上がる「ノックコード」との連携もできます。


・「isai vivid LGV32」(LG製、5月発売予定)
ディスプレイ:約5.5インチWQHD(2560×1440)液晶
CPU:Snapdragon 808 MSM8992(1.8GHz×2、1.4GHz×4)
メモリ:3GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1600万画素
フロントカメラ:210万画素
au 4G LTE:下り最大225Mbps
WiMAX 2+:下り最大220Mbps
国内向け機能:おサイフケータイ、フルセグ
防水・防塵:IPX5/7、IP6X
バッテリー容量:3000mAh(バッテリー交換可能)
OS:Android 5.1

・関連記事
KDDIの2015年au夏モデルまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

いよいよ始まったauの機種変更優遇プラン「アップグレードプログラム」はお得なのか? | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+」の3日間で3GB制限を体験、実際の通信速度を測定してみた | BUZZAP!(バザップ!)

日本版Zenfone 2はauのプラチナバンドLTE対応、mineo・UQ mobile利用者歓喜の展開に | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTの光回線とau携帯電話のセット割引」ひそかに拡大中、スマートバリュー以外の選択肢に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加