ソフトバンク傘下のスプリント、データ無制限プランの通信速度制限を改めさせられる



「使いすぎると通信速度がガッツリ落とされるデータ通信無制限プラン」という、どこかで聞いたようなサービスを提供していたアメリカの携帯電話会社・スプリントが、FCC(アメリカ連邦通信委員会)によって、サービス内容を改めさせられました。詳細は以下から。

An Early Net-Neutrality Win: Rules Prompt Sprint to Stop Throttling - WSJ

ウォールストリートジャーナル紙の報道によると、アメリカ連邦通信委員会がネットの中立性を担保するための新ルールを導入した結果、スプリントがサービス内容を改めざるを得なくなったそうです。

スプリントは携帯各社がデータ通信サービスを定額制から従量制へと移行する中、データ無制限プランを顧客の獲得を進めていますが、回線が混雑している場合、通信量の多いデータ無制限プランユーザーの通信速度を断続的に規制していたとのこと。

しかし新たなルール導入を受け、スプリントは念のために通信速度制限を撤廃せざるを得ない状況になったとされています。

ちなみにスプリントのデータ無制限プランのページはこんな感じ。ごくごく小さい文字で「ほかの(従量課金)プランに優先的にネットワーク資源が割り当てられ、同プラン利用者は速度などが制限される場合がある」と書かれていますが、このような表記の仕方を見ていると、日本でもアメリカでもやり方は変わらない気がしてなりません……

Unlimited Two Line Cell Phone Plans for $100 from Sprint

・関連記事
スマホユーザーを一撃で速度制限に叩き込む恐ろしい写真が公開中 | BUZZAP!(バザップ!)

3日間で1GB制限なのに「さよなら速度制限」、ワイモバイル「305ZT」の店頭広告がひどい | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが3日間で1GB制限時の通信速度を緩和、128Kbps→1Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク傘下のSprintに過去最高額の罰金、勧誘のルールに違反 | BUZZAP!(バザップ!)

Sprintがソフトバンク流の帯域制限導入、ヘビーユーザーは翌月丸ごと規制 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】ついにXiaomi「POCO X3 GT」3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング