祝iOS 8対応、auの格安SIM「UQ mobile」でさっそくiPhoneを使ってみた



iOS 8以降、「mineo」や「UQ mobile」といったau回線の格安SIMで利用できなくなっていたiPhoneが再び利用できるようになる方法が発見されたことを先ほどBuzzap!でお伝えしましたが、さっそく試してみました。詳細は以下から。

まずはUQ mobileのSIMを入れたiPhone 5で、@factorymark氏のツイートにあるプロファイルへのリンクをタップ。


各種説明はこんな感じ。


警告などに目を通した上で、インストールをタップします。


アンテナピクトが「検索中...」となった後、「au 4G」が表示されると同時に、「データ通信機能を起動できませんでした」というダイアログが出ますが、そのままデータ通信を利用できました。


試しに通信速度を測定してみたところ。au版iPhone 5は建物の中に弱い、2.1GHz帯のLTEしか利用できませんが、下り10Mbps程度のパフォーマンスを記録。もちろん音声通話も可能でした。


なお、実際にiPhoneを利用できたものの、@factorymark氏が紹介している通り、あくまで自己責任での利用となる点に注意が必要。

しかしようやく利用できる方法が判明した以上、mineoやUQ mobileにはなるべく早く公式の構成プロファイルを公開してもらいたいところです。

・関連記事
実は結構お得なau系格安SIM、白ロム利用時のトータルコストを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】au系格安SIM「mineo」「UQ mobile」でiPhoneが再び利用可能に、構成プロファイルも公開 | BUZZAP!(バザップ!)

奇跡的な通信速度も、au回線の格安MVNO第2弾「UQ mobile」をさっそく試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】格安MVNO「UQ mobile」始動、au VoLTEやWiMAX 2+、キャリアアグリゲーションへの対応状況を聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング