奇跡的な通信速度も、au回線の格安MVNO第2弾「UQ mobile」をさっそく試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



12月18日(木)からスタートした、au回線の格安MVNO「UQ mobile」。

先行してスタートしたケイ・オプティコムのmineo同様、建物の中などでもつながりやすいプラチナバンドで人口カバー率99%を実現した「au 4G LTE」を格安で利用できるわけですが、さっそくその実力を試してみました。詳細は以下から。

こちらは「UQ mobile」向けにリリースされたスマホ「LG G3 Beat」。5インチHD(1280×720)のTrue IPS液晶、Snapdragon 400(1.2GHz、クアッドコア)、1GB RAMを備えたエントリーモデルです。


背面


背面カメラは800万画素。シャッターチャンスを逃さない「レーザーオートフォーカス」を備えています。


バッテリー容量は2460mAh


SIMカードスロットはバッテリー上部にあります。


カメラ下部には音量ボタンと電源ボタン


持ちやすいラウンドフォルムを採用




側面などはこんな感じ。




実際に使ってみたところ。エントリーモデルというだけあって、そこまで高速&快適というほどではありませんが、キビキビと動いてくれます。

UQ mobileの「LG G3 Beat」を触ってみた - YouTube


「isai」シリーズでもおなじみのノックコード。電源ボタンを押さずとも画面を2度タップするだけで、画面がオンになります。

タップ2回で画面がオンになるLG G3 Beatのノックコード - YouTube


それではさっそくUQ mobileの実力を試すべく、KDDI本社ビル1階にあるTULLY'S COFFEEで通信速度を測ってみたところ……



まさかの下り130.95Mbpsという数字が。


計測している様子を動画で撮影したところ。あくまで局所的な数字だと思われますが、この数字には驚かされます。

UQ mobileの通信速度をKDDI本社1階で測ってみた - YouTube


最も混雑する夕方のラッシュ時にKDDI本社の最寄り駅・JR飯田橋駅構内で測定したところ、速度は下り15Mbpsに届かない程度。


新宿駅でも下り10Mbps程度がやっと。LG G3 Beatは複数のLTE回線を束ねて高速化する「キャリアアグリゲーション」やau 4G LTEと別に整備されている「WiMAX 2+」に対応していないため、こちらが本来の実力と考えたほうが良さそうです。

・関連記事
格安MVNO「UQ mobile」始動、au VoLTEやWiMAX 2+、キャリアアグリゲーションへの対応状況を聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

au回線の格安MVNO「UQ mobile」始動、1980円の「データ無制限プラン」も | BUZZAP!(バザップ!)

au回線の格安MVNO「mineo」が大幅値下げ&速度制限撤廃、新型スマホ「LUCE(ルーチェ)」も | BUZZAP!(バザップ!)

【まとめ】地方で格安MVNO「mineo」は使えるのか、au 4G LTEのエリアを四国旅行でテストしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加