実は関西最速配備、ドコモの「PREMIUM 4G」対応基地局車はフルスペック仕様

このエントリーをはてなブックマークに追加



花火大会やライブ、コミックマーケットなど、大勢の人がごった返すイベントで頻繁に見かけるようになった携帯各社の移動基地局車。

NTTドコモが新たにキャリアアグリゲーションを用いた「PREMIUM 4G」に対応したモデルを開発し、関西に最速で配備しています。詳細は以下から。

これがドコモのPREMIUM 4G仕様移動基地局車。全国に3台ありますが、いずれもドコモ関西支社所属。関西支社は前身となるドコモ関西時代、限定カラーの携帯電話やゆるキャラ「ドコちゃんモコちゃん」などで独自色を大いに打ち出していましたが、今もなおそのカラーは健在です。




PREMIUM 4G仕様移動基地局車はドコモが提供する800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2.1GHzの4つの周波数帯をすべてカバー。複数の周波数帯を束ねて高速化する「キャリアアグリゲーション」によって、下り最大178.5Mbpsないし225Mbpsを実現できるフルスペック仕様です。



Buzzap!編集部で気になる移動基地局車一台あたりの価格を聞いてみたところ、導入後もシステムのリプレースなどが行われるため、厳密な価格は出せず、「時価」とのこと。



また、移動基地局車には自動体外式除細動器(AED)も搭載。ドコモの説明員いわく「周知が進んでいない」とのことですが、イベント会場などで急を要する事態となった際、ドコモの移動基地局車にはAEDが搭載されていることを覚えておくといいかもしれません。




こちらは災害時やメンテナンスによるビルの停電時などに出動する移動電源車




続いてこちらは災害時に活躍する可搬型衛星エントランス基地局。


衛星通信用の可搬型パラボラアンテナと携帯電話用のアンテナ。



右から発電機、基地局、衛星モデムなどの収容箱で構成。現時点では第三世代携帯電話「FOMA」をサポートしています。

・関連記事
あのドコモの通信網を支える「ネットワークオペレーションセンター」を見てきた | BUZZAP!(バザップ!)

君は失われたドコモのゆるキャラ「ドコちゃんモコちゃん」を知っているか | BUZZAP!(バザップ!)

関西独自の取り組みも、ドコモが災害や通信が混雑する大規模イベントへの取り組みを公開 | BUZZAP!(バザップ!)

国内初お披露目、災害時に伝送路を補完するドコモのLTE対応「5G無線アクセスシステム」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 怒濤の高コスパ高性能スマホ「POCO X3 Pro」再び値下げ、たった2万円台で最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載
  2. 【追記あり】ソフトバンクが楽天モバイル提訴、基地局の使用差し止めや1000億円規模の損害賠償請求でエリア縮小のおそれも
  3. GPD WINやGPD Pocketで利用可能、百均で買える「HDMI-microHDMI」「HDMI-miniHDMI」変換アダプタがすごい
  4. 【超格安スマホ】わずか1万円台前半の「POCO M3」レビュー、十分な性能に6000mAhバッテリー、3眼カメラ、オシャレなボディの使える1台
  5. 世界最薄の新型WiMAXルーター「Mobile Slim」発表、「URoad-Aero」よりも薄型軽量で12時間駆動

モバイルに関連した楽天商品ランキング