【悲報】Appleが4インチの「iPhone 6c」開発中止か



4インチ液晶を備えた「iPhone 6c」の開発が中止された可能性があることが明らかになりました。詳細は以下から。

Business Insider誌に報道によると、調査機関Cowen and Companyのアナリスト、Timothy Arcuri氏がiPhone 6cにあたるモデルの開発が中止された可能性があることを明かしたそうです。

Arcuri氏は1~3月時点での部品メーカー関係者の情報を元に、AppleがiPhone 5sなどと同じ4インチ液晶と、iPhone 6と同じApple A8を備えた「iPhone 6c」にあたるモデルをリリースするのではないかと予測してきた人物。

しかし現時点ではAppleが同モデルを開発しているという痕跡が消え失せてしまったとのこと。

その理由の1つとして、Arcuri氏は大画面化したiPhone 6の売れ行きが非常に良いことから、共食いが発生して利益が目減りする低価格モデルを発売する必要が無くなったためではないかと推測しています。

なお、「4インチ版の新型iPhoneがリリースされる」と予測していたのはArcuri氏だけでなく、投資銀行Jeffriesのアナリストや台湾メディアなども部品メーカー関係者などの情報から、同様の予測を発表していました。

つまりAppleが今年初頭の時点でiPhone 6cに相当するモデルを試作していたものの、上記のような事情から製品化を断念したという可能性は十分考えられるわけです。

また、Appleは先日、4インチ液晶とApple A8を採用した第6世代の新型iPod touchを発表。実際にiPhone 6cが発売されるのであれば、おそらくこのようなモデルになると考えられます。


4インチ版iPhoneを待ち望んでいるユーザーにとっては残念な今回のニュース。しかしあくまで9月に行われるであろう発表会までは希望を捨てずにいたいところです。

Apple considered making a new version of the iPhone 6 that's the same size as the iPhone 5S but scrapped the idea, analyst claims | Business Insider

・関連記事
iPhone 6cはプラスチック筐体採用、5cよりも低価格で展開か | BUZZAP!(バザップ!)

今年発売のiPhone 6s/6s Plus、4インチ版の「iPhone 6c」を含めた3モデル展開に | BUZZAP!(バザップ!)

Appleが「4インチiPhone」を復活か、片手操作や女性ユーザーを意識 | BUZZAP!(バザップ!)

4インチ版の「iPhone 6s mini」、今までに無い低価格モデルとして展開か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング