【追記あり】まるで自分を写す鏡、現代社会の闇をえぐり倒したSteve Cuttsのダークで皮肉なイラスト作品

このエントリーをはてなブックマークに追加



現代社会とはどんな場所なのか。目を背けたいほどに雄弁に語るイラスト作品が登場しました。

ロンドン在住のSteve Cuttsさんはイラストレーターでアニメーター。かつてマクドナルドに就職するか、ファインアートを学ぶかという岐路に立たされ、後者を選んだという経歴を持ち、今回のイラストを発表する前は広告代理店のGlue Isobarで働いていました。

Cuttsさんが描き出していくのは気づかぬうちに忍び寄り、私たちを蝕んでゆく現代社会の闇や病理。当たり前の毎日に、私たちが当たり前にやっていることに実はどんな意味があるのか、もしくはその意味も幻想なのか。このイラストのどこかにあなた自身が描かれているかもしれません。じっくり探してみてはいかがでしょうか。













Cuttsさんは「人間の愚行は尽きる事無きインスピレーションの源泉だ」と述べていますが、さすがイギリス流ブラックジョークといったところでしょうか。

【追記】
なお、このSteve Cuttsさんは以前ネット上で大きな話題になった以下の動画の作者でもあります。人類の愚かさの歴史がグリーグの「ペール・ギュント:第1組曲 『山の魔王の宮殿にて』」のリミックスに合わせて展開されるこの上なくダークな作品で、可愛らしい絵柄とエグすぎる内容のコントラストを覚えている人もいるかもしれません。イラストにピンときた方はぜひどうぞ。

Vimeo MAN


The Sad Truth About Today’s World Illustrated By Steve Cutts Bored Panda

新自由主義の自滅 日本・アメリカ・韓国 (文春新書)
菊池 英博
文藝春秋
売り上げランキング: 5,235

・関連記事
富裕層が得た富は庶民にも流れる「トリクルダウン理論」の問題点が一目で分かる画像 | BUZZAP!(バザップ!)

OECD「トリクルダウンは起こらなかったし、所得格差は経済成長を損なう」という衝撃の報告について | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】「平等」と「公正」の大きな違いが1秒で納得できる画像 | BUZZAP!(バザップ!)

「与えあうこと」は何をもたらすのか、1分間の動画が教える「利他心」の秘める大きな可能性 | BUZZAP!(バザップ!)

きっとその小さなアクションが世界を変える、脈々と連鎖する善意を描いた動画に涙が止まらない | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加