auが謎の「通信するゴミ箱や傘立て」発表、初のIoT製品たちをレビューしてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIがauショップを使った物販サービス「au WALLET Market」を提供するのに合わせ、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)製品を発表しました。

何を言っているのか分からないかもしれませんが、ゴミ箱と傘立てが通信します。詳細は以下から。

これがauが発表したゴミ箱と傘立て。


まずは傘立て。正式名称は「Umbrella stand」です。


何をどう見ても傘立てですが……


よく見ると下部にある謎のLEDリングが妖しげな光を放っています。


これは傘立てに搭載されたBluetoothがユーザーのスマホと連携し、明日の天気に応じて光の色を変えることで、傘が必要か不要かを教える仕組みによるもの。オレンジだと必要がなく、青が濃くなればなるほど雨が降る確率が高いという意味です。


実際に動いている様子はこんな感じ。


続いてはゴミ箱。どこをどう見てもゴミ箱です。ちなみに正式名称は「Dust bin」。



やっぱり光ります。


こちらはあらかじめセットアップしたゴミの日に応じて、スマホとBluetooth連携して光るというもの。


実際に光っているところを見ると、イメージがつかみやすいのではないでしょうか。


なお、消費電力はそれほど高くなく、乾電池4本で半年ほど動作するとのこと。


気になる本体価格はDust binが6400円、Umbrella standが8070円。原宿にあるKDDIのモバイルアクセサリーセレクトショップ「HYPER MARKET」でも販売されます。


・関連記事
テレビ朝日とKDDIが戦略的業務提携、番組配信や共同制作へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)が2年縛り見直しへ、更新月を気にせず済むように | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)が同性カップルにも家族割適用、パートナーシップ制度を活用 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加