福島第一原発周辺のモミの木に生育異常、放射線量34μSv/h地点では約98%にも

このエントリーをはてなブックマークに追加



2011年にメルトダウンした福島第一原発付近のモミの木に生育異常が見られていることが明らかにされました。詳細は以下から。

この調査は環境省が東京電力福島第一原子力発電所付近の放射線量の高い地域で、2011年からおよそ80種類の野生の動植物に対して行われているもの。

このうち針葉樹のモミの木で、幹の先端の「主幹」と呼ばれる芽が欠けるなどの異常が通常よりも高い割合で現れていることが分かりました。主幹がないと生育が止まってしまいます。

最も放射線量の高かった大熊町の調査地の線量は33.9μSv/hで、97.6%のモミの木にこの主幹がありませんでした。19.6μSv/hと6.8μSv/hの浪江町の調査地ではそれぞれ43.5%と27%に異常が見られ、比較対象として調べた茨城県北茨城市の0.13μSv/hのち点では5.8%に留まっています。

現時点ではモミの木以外には異常は見つかっていないとのこと。なお、針葉樹は放射線の影響を受けやすく、チェルノブイリ事故の際もヨーロッパアカマツなどに異常が見られたと報告されています。

今回分析を行った放射線医学総合研究所は、現時点では福島第一原発事故で放出された放射性物質との明確な因果関係は分からないとしながらも、影響している可能性があるとしています。この分析結果はイギリスの科学雑誌サイエンティフィックレポートのウェブサイトに掲載され、以下リンク(英語)から閲覧可能。

Morphological defects in native Japanese fir trees around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Scientific Reports

現在のところ針葉樹のモミの木以外からの異常は見つかっていないとのことですが、今後も引き続き調査と分析は必要となりそうです。

モミの木:福島で生育異常が増加…線量高い場所ほど多発 - 毎日新聞

福島第一原発周辺のモミに異常 NHKニュース


家庭用放射線測定器 エアカウンター
エステー
売り上げランキング: 57,360

・関連記事
再開から7ヶ月、福島第一原発直近の国道6号線の帰宅困難地域は現在どうなっているのか? | BUZZAP!(バザップ!)

川内原発1号機が再稼働、電力供給は余裕ながらも原発ゼロが約2年ぶりに終了 | BUZZAP!(バザップ!)

発送電分離を定めた改正電事法が成立、家庭用のガスを完全自由化する関連法も | BUZZAP!(バザップ!)

川内原発が今夏再稼働へ、安倍首相は「桜島などの大規模噴火でも安全性は確保されている」と「安全神話」を復活 | BUZZAP!(バザップ!)

「236シーベルト浴びても健康上有益」田母神俊雄氏、人類史上稀に見る放射線耐性を獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

「東日本大震災は天からの警告」下村文科相が公式サイトでオカルト全開の珍説を展開していたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加