BLEACH作者・久保帯人先生のコラ画像が過熱、集英社が法的措置を警告する事態に

このエントリーをはてなブックマークに追加



週刊少年ジャンプの人気漫画「BLEACH(ブリーチ)」原作者、久保帯人(くぼたいと)氏の画像について、集英社が異例の注意喚起を行いました。詳細は以下から。

ご注意ください/漫画家・久保帯人先生の肖像について|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト


「ご注意ください」と銘打たれた週刊少年ジャンプ公式サイトによると、まったく別人の写真を久保帯人氏として紹介する行為がインターネット上で散見されることを受け、悪質な場合には法的措置を辞さない構えであることが告知されています。

まったく別人の肖像を、あたかも漫画家・久保帯人先生の肖像であるかのように思わせて紹介する行為が、ツイッターをはじめ、インターネット上に見受けられます。
こうした行為は久保帯人先生の人格権を侵害する行為であり、悪質な場合には、法的措置も含めて厳しく対処せざるをえませんので、ご注意ください。

2015年9月4日

週刊少年ジャンプ編集部


しかし、多くの一般の人はこれが何を指しているのか分からないと思われるため、Buzzap!編集部でGoogleイメージ検索を行ってみた結果(9月4日21時42分時点、画像をクリックするとモザイクが外れます)が以下。


サングラスを掛けてメッシュのシャツをまとった筋骨逞しい謎の男性や、昨年ゴーストライター騒動で話題となった佐村河内氏などに「BLEACH 久保帯人先生」というテロップが表示されており、一体どれが本当の久保帯人先生なのか一目で分からないほど検索結果が汚染されています。

おそらく一部の層でコラージュが流行したことを受けたものだと思われますが、あまりにも度が過ぎた結果、集英社が対策に乗り出さないといけなくなってしまったようです……。

・22:43追記
なお、久保帯人氏は9月3日(木)の夜に自身のツイッターアカウントを削除。今回の告知と関連はあるのでしょうか。

久保 帯人 (@tite_kubo) | Twitter

・関連記事
あのミザリィ再び、「アウターゾーン リ:ビジデッド」第1巻発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

「WILD HALF(ワイルドハーフ)」が舞台化決定、15年の時を超えて復活 | BUZZAP!(バザップ!)

あの「地獄先生ぬ~べ~」が復活 | BUZZAP!(バザップ!)

少年ジャンプが月額900円で読み放題の「少年ジャンプ+」公開、バックナンバーの配信も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加