最強の自分撮り格安スマホ「ZenFone Selfie」発売決定、前面カメラが1300万画素に



初代Zenfoneのヒットを受け、「Zenfone 2」「Zenfone 5 Laser」と、今年に入って矢継ぎ早に新モデルを導入しているASUSが、今度は自分撮りを強く意識した「ZenFone Selfie(セルフィー)」を発売することになりました。詳細は以下から。

これが今回発表された「ZenFone Selfie」本体。5.5インチフルHD(1920×1080)IPS液晶とSnapdragon 615(1.7GHz・1.0GHzの4コアずつ計8コア構成)、2GB RAM/16GB ROMを備えたモデルです。


そして「ZenFone Selfie」の最も大きな特徴が、「自撮りのために背面だけでなく前面にも1300万画素カメラを搭載している」という部分。さらに自然な色を実現するデュアルカラーLEDフラッシュを前面にも備えるなど、自分撮りに情熱を注いだ点が特徴。


カラーバリエーションは3色。国内のさまざまなLTEバンドに対応し、デュアルSIMスロットを備えるなど、全体的にZenfone 2のエントリーモデルをベースに、強化した自撮り性能を加えたような内容となっています。


なお、気になる予想実売価格は3万7800円で、本日から予約受付が開始され、9月18日(金)に発売。自撮りできる専用ケース「MyView Cover」のアクアブルーが9月18日に、ピンク、ブラックは10月中旬以降に3480円で発売予定です。


XperiaやiPhoneがようやく500万画素のフロントカメラを備える中、一気に1300万画素のカメラを備え、自撮りを強化しまくった「ZenFone Selfie」。セルフポートレートだけでなく、仲間たちで写真を撮ることが多い「リア充」「シャイニー」などと呼ばれる層にオススメの格安スマホかもしれません。

Phone | Zenfone | ASUS 日本

・関連記事
【カメラ比較】格安スマホ「Zenfone 2」は夜景撮影にどれだけ強いのか、Xperia Z4やisai vividなどと比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

6GBで月額100円、iPhoneも使える格安SIM「mineo」史上最大のキャンペーンがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも惜しい格安スマホ「Zenfone」や「ZenPad」、携帯各社の周波数対応→使えるのはドコモ回線だけ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング