まるで1枚の丈夫な板、耐衝撃&虹彩認証の頑強スマホ「arrows NX F-02H」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



気が付けばドコモからしか発売されなくなった富士通のスマートフォン「ARROWS」シリーズ。

そんなARROWSがロゴを「arrows」と刷新し、物理的にもセキュリティ面でも安心の「arrows NX F-02H」として、ドコモの2015年冬モデルに加わりました。詳細は以下から。

これが「arrows NX F-02H」本体。5.4インチWQHD(2560×1440)IPS-NEO液晶やSnapdragon 808(1.8GHz×2+1.4GHz×4コア構成)、3GB RAM/32GB ROM、3390mAhバッテリーを備えた大画面モデルです。


従来比約1.5倍のコントラストを実現したIPS-NEO液晶によって、従来機(右)よりも黒をより忠実に再現できています。


背面にはソニーの裏面照射積層型CMOS「Exmor RS for mobile」を採用した0.14秒のオートフォーカスに対応2070万画素カメラを搭載。


2015年夏モデル「ARROWS NX F-04G」に搭載されていた虹彩認証センサーも引き続き搭載。なお、前面カメラは240万画素です。


側面などはこんな感じ。




実際に触ってみたところ。


カラーバリエーションは3色。高強度の「ナノテクファイバー」によって画面割れや本体の曲がりに強くなったほか、本体上部にハードアルマイト、本体にタフレイヤーコートを施すことで、塗装の耐久性も大きく向上。従来モデルの防水・防塵に加えて、新たにアメリカ軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃性能を備えています。


虹彩認証機能を使ってみたところはこんな感じ。登録時はメガネを外す必要がありますが、登録後はメガネをかけていても認証を利用できます。




耐衝撃性能と虹彩認証によって、外側も内側も頑強なスマホへと進化した「arrows NX F-02H」。

前モデルに引き続き、かざすだけで写真や動画などのデータを高速にやりとりできる「TransferJet」やWi-FiとLTE/3Gのマルチコネクションを利用して高速化する「フルスピードモード」なども備えたモデルとなっています。

・関連記事
ドコモの2015年冬-2016年春モデルまとめ、Nexus 5XやXperia Z5シリーズが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

「Nexus 5X」「Nexus 6P」徹底解説、ついにauのプラチナバンドLTEに対応 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」再び1万5000円に大幅値下がり、本格カメラやAIを使った各種機能が便利な高性能SIMフリー格安スマホ
  2. 非接触体温計にもなる新型コロナ対応の高機能格安スマホ「UMIDIGI A9 Pro」、いきなり1万円台前半で10月16日に世界同時発売へ
  3. ただでさえ国内最安のSnapdragon 845スマホ「ZenFone 5Z」、えげつないほどの低価格で販売中
  4. 【速報】性能大幅アップの「AQUOS sense5G」「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 plus」速攻レビュー、史上最大画面や最大バッテリーなど機種ごとに特徴も
  5. 【大人気】「ZenFone 5」大幅値下がりで1万5000円に、本格カメラやAIを使った各種機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング