お求めやすい価格でフルセグ対応、高性能・高音質な「dtab d-01H」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモのサービスなどを手軽に楽しめるタブレット端末としてリリースされてきた「dtab」シリーズの第3弾「dtab d-01H」が2015年ドコモ冬モデルとして発表されたので、レビューをお届けします。詳細は以下から。

「dtab d-01H(11月下旬発売予定)」本体。約10.1インチWUXGA(1920×1200)液晶にHisillicon製のKirin 930プロセッサ(2.0GHz×4、1.5GHz×4)、2GB RAM/16GB ROM、500万画素前面カメラ、フルセグを搭載。今までのdtabから一線を画したモデルです。


背面カメラは1300万画素。タブレットにしてはかなり高い画素数ではないでしょうか。


トータルのスペックはこんな感じ。



ボディも質感が良く、なかなかスタイリッシュに見えます。



上部には中・高音域を担当するステレオスピーカー


底部には低音域を担当するステレオスピーカーを搭載。合計4つのスピーカーと圧縮音源を補完するharman/kardon社の高音質化技術「Clari-fi」によって、臨場感溢れる音場を実現します。


発表会場では実際どれくらいいい音で鳴るのかを体験できました。


従来モデル(左)とdtab d-01H(右)の音質を比較したムービーはこちら。「タブレットのスピーカーなんて大したことない」と思う人も多いと思われますが、大音量でも破綻することなくしっかり鳴っている印象でした。


また、dtab d-01Hはジェスチャー操作も可能。


確実に認識してくれるわけではないものの、手を動かすだけで操作できるのは、Xboxの「Kinect」感覚で楽しそうです。

・関連記事
Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premiumで耐久実験、発熱に一番強いモデルが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの2015年冬-2016年春モデルまとめ、Nexus 5XやXperia Z5シリーズが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

安価なスマホやガラホ、タブレットに追い風か、4Gチップセットの価格が大幅下落 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加