2人のシーク教徒がターバンを解いてロープにし、溺れるヒンドゥー教徒たちを救出して絶賛

このエントリーをはてなブックマークに追加



沐浴中に溺れてしまったヒンドゥー教徒を救うため、普段は家でしか外さないターバンを外して救出活動をおこなった2人のシーク教徒に賞賛の嵐が寄せられています。詳細は以下から。

シーク教徒の多いインドのパンジャーブ州。ある日その中のスラー・ガートと呼ばれる沐浴場にやってきたヒンドゥー教徒の若者たちはガネーシャ神の祭のために沐浴を行おうと水の中に入って行きました。

しかし突然鉄砲水が押し寄せてきて足がつかなくなり、若者たちのうち4人が溺れてしまったのです。堤防のところで沐浴を眺めていたシーク教徒のInderpal Singhさんはとっさに自分の頭に巻いてあったターバンを解き、ロープのように若者に向けて投げ込んで彼らを引っ張りました。



それを見ていた反対側の堤防に座っていたKanwaljit Singhさんもすぐに同じようにターバンを若者たちに向けて投げ込みました。


「何も考える暇もなかったし、すぐにターバンを解いて彼らに向けて投げて引っ張ったんだ」

「すぐに飛び込んで助けなきゃと思ったけど、私は泳げなかったんだ。だから私もターバンを使って助けたよ」


普段は自宅で入浴する際にしか外さないシーク教徒のシンボルでもあるターバンを使ってすぐさま人命救助をおこなったふたりの行いはニュースでも報道され、大きな賞賛を集めています。

Nothing To Do With Arbroath Sikh men removed turbans to save Hindu youths drowning in canal


例え宗教が違っても、命を助けるためなら自らの宗教のしきたりを気にもせずに即座に動いたふたり、信仰者の鏡と言えるのではないでしょうか。

Nothing To Do With Arbroath Sikh men removed turbans to save Hindu youths drowning in canal

・関連記事
険しい岩山をたったひとり、人力だけで削って道を作ったインド人 | BUZZAP!(バザップ!)

インドのストリートチルドレンたちが自分達の将来のためにリアル子供銀行を設立 | BUZZAP!(バザップ!)

死傷者続出、こぶし大の石を互いにぶつけ合う凶悪過ぎるインドの奇祭 | BUZZAP!(バザップ!)

【閲覧注意】赤く燃える炭や蛍光灯を食べる驚くべきインド人、その理由とは? | BUZZAP!(バザップ!)

絶対戦いたくない恐るべき必殺技の数々を秘めたインドの超人的レスラー | BUZZAP!(バザップ!)

腰巻一丁の漢たちの軍勢が松明を投擲しあうインドの奇祭「アグニ・ケリ」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加