Xperia Zっぽいパープルも、ハイスピードIGZOでヌルヌル動く「AQUOS Xx2」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクの2015年冬モデルとして登場した「AQUOS Xx2」のレビューをお届けします。

基本的なスペックはドコモの冬モデル「AQUOS ZETA SH-01H」と変わらず、従来液晶の2倍(120Hz)で駆動する、スマホ版倍速液晶「ハイスピードIGZO」によるヌルヌル動作が特徴。しかし往年のXperia Zシリーズを思い起こさせるカラーバリエーションでの展開となっています。詳細は以下から。

これが「AQUOS Xx2」本体。三方向超狭額縁ボディ「EDGEST」によって、画面占有率が非常に高いのが大きな特徴。


なお、フロントカメラは本体下部にあるため、慣れない間は自分撮りが難しいかもしれません。


背面にはGR Certified認証を獲得した1310万画素カメラ。光学手ブレ補正やF1.9のレンズによって、暗いところでもシャッターチャンスを逃しません。


側面などはこんな感じ。





ざっくりと触ってみたところ。ハイスピードIGZO液晶の実力が一目で分かります。


なお、カラーバリエーションはパープルとブラック、ホワイトの3色。Xperia Zシリーズっぽい配色となっています。



◆AQUOS Xx2
ディスプレイ:約5.3インチフルHDハイスピードIGZO液晶
CPU:Snapdragon 808 MSM8992(1.8GHz×2、1.4GHz×4)
メモリ:3GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1310万画素、光学手ブレ補正、F1.9、GR Certified
フロントカメラ:800万画素広角
国内向け機能:おサイフケータイ、フルセグ
防水・防塵:IPX5/7、IP6X
バッテリー容量:3100mAh
OS:Android 5.1
CA:対応

・関連記事
ソフトバンクの2015年冬~2016年春モデル、発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

新しいサービスはいつもauから、携帯各社「横並び」の戦犯はパクリ続きのソフトバンクとドコモではないのか | BUZZAP!(バザップ!)

大純減のソフトバンクがワイヤレスシティプランニングの契約数を非開示に、詳細を問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが東京電力と提携、通信と電力のセット販売などを提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加