発熱問題への懸念か、Xperia Z4の白ロム買取・販売価格がXperia Z3と逆転



Snapdragon 810の発熱問題の影響からか、「Xperia Z4よりZ3の本体価格が高騰する」という珍現象が発生しています。詳細は以下から。

◆買取価格でXperia Z3をZ4を上回るケースが発生
まずは中古パソコンなどでおなじみの「イオシス」の買取価格。2015年10月10日3:00現在、ドコモ版Xperia Z4の新品上限買取価格が5万円なのに対し……


ドコモ版Xperia Z3はまさかの5万1000円。


じゃんぱら」での未使用品買取上限価格も、5万円で並んでいます。



もちろんXperia Z4の買取価格が4万9000円、Xperia Z3は3万5000円のSofmap.comのように、Z4がZ3を上回っている店舗もありますが、「世代が異なるモデルの買取価格が同じないし旧モデルの方が高く買い取ってくれる店舗がある」というのは驚くべきことではないでしょうか。

◆白ロム価格、未使用品はXperia Z3>Z4に
また、買取価格だけでなく販売価格も興味深いことに。中古携帯電話売買仲介サイト「ムスビー」で調査したところ、2015年10月10日3:00現在、未使用のドコモ版Xperia Z4が5万3900円~5万4800円で売られていたのに対し……


Xperia Z3は5万5000円~6万円以上で販売される事態に。


フロントカメラが500万画素へと高画質化し、キャップレス防水への対応や若干(0.4mm・8グラム)の薄型軽量化、4K録画時間が伸びるなど、Z3と比べて進化した点も多いXperia Z4。しかし買取価格や販売価格でZ3との逆転が発生している背景には、やはり発熱問題があると考えざるを得ません……

・関連記事
Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premiumで耐久実験、発熱に一番強いモデルが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ版Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premium速攻レビュー、世界初の4Kディスプレイ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】格安SIM需要でXperia Z3の白ロム価格高騰か、未使用品はなんと6万円に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング