格安SIM「mineo」がarrows M02などの本体価格発表、先行予約者は実質2万円台前半に

このエントリーをはてなブックマークに追加



au、ドコモの両回線に対応することで「日本一使える端末が多い格安SIM」となったmineoが、au、ドコモ双方の回線を使える新型スマホ「arrows M02」などの本体価格やキャンペーンを発表しました。

なお、先行予約して購入したユーザーは大幅に安く買うことができます。詳細は以下から。

関西電力傘下のケイ・オプティコムのプレスリリースによると、同社は11月19日(木)から以下の3機種を発売するそうです。

まずはマルチキャリアスマホ「arrows M02」。5インチHD(1280×720)の有機ELディスプレイやSnapdragon 410(1.2GHz、クアッドコア)、2GB RAM/16GB ROM、約810万画素背面カメラに約240万画素フロントカメラを備え、おサイフケータイ、ワンセグ、防水・防塵、耐衝撃に対応。バッテリー容量は2330mAh、OSのバージョンはAndroid 5.1です。


ドコモプラン用モバイルWi-Fiルーター「Aterm(MR04LN)」。ドコモの800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2.1GHzのLTE対応でキャリアアグリゲーションによる通信の高速・安定化も可能。バッテリー容量は2300mAhで、最大約12時間(Bluetooth接続時は最大24時間)駆動できます。


そしてauプラン用として提供される、富士通初のモバイルルーター「SI-LA」。auが展開する800MHz、1.5GHz、2.1GHzのLTEすべてに対応し、約6.5時間駆動します。バッテリー容量は2280mAhです。


気になる一括価格は「arrows M02」が3万2400円、「Aterm(MR04LN)」が2万5200円、「SI-LA」が1万5600円。


なお、2015年11月19日(木)~2016年1月20日(水)に「arrows M02」を購入したユーザーに対してはAmazonギフト券3000円分、さらに本日11月4日(水)~11月18日(水)の先行予約受付期間に予約した先着1000名に対してはAmazonギフト券1万円分がプレゼントされるキャンペーンも実施中。

実質2万2400円で購入できるようになるため、購入を検討しているのであれば、早めの方がいいかもしれません。

携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」新端末価格および発売記念キャンペーンについて|プレスリリース|ケイ・オプティコム

・関連記事
【2015年冬スマホ発熱耐久実験】Xperia Z5・Nexus 5X・iPhone 6s・AQUOS ZETA・arrows NXを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM「mineo」が11月19日(木)からau VoLTE対応に | BUZZAP!(バザップ!)

結構あなどれない格安スマホ「Acer Liquid Z530」レビュー、誰でも使えてPCとの同期も超簡単 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】格安SIM需要でXperia Z3の白ロム価格高騰か、未使用品はなんと6万円に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加