【画像】穴あき雲にたなびく七色の彩雲が異世界への入り口にしか見えない美しさ

このエントリーをはてなブックマークに追加



空に広がる雲にぽっかりと空いた穴。それだけでも吸い込まれそうですが、その穴が虹色に輝いていたら?詳細は以下から。

これはオーストラリアのヴィクトリア州東部で偶然撮影された穴あき雲の画像。その穴の中に彩雲と呼ばれる虹色に光る雲が出現しているという、極めてレアな異世界への入り口のような美しい光景となっています。

(クリックで拡大)

穴あき雲という不思議な形の雲がなぜできるのかは以下の記述を参照。

穴あき雲(あなあきぐも, 英: fallstreak hole, hole punch cloud, canal cloud, cloud hole)あるいはホールパンチ雲とは、層状に薄く広がった巻積雲や高積雲でみられる、円形の隙間が開いた雲のこと。隙間の下には垂れ下がるような筋状の尾流雲(降水条)がみられることが多い。

層状の雲を構成する雲粒が、氷点下にありながら凍結していない過冷却の状態にあって、ある一点で凍結が始まると、飽和水蒸気圧の差によって周囲の水滴が蒸発して氷晶表面に昇華し氷晶が急速に成長する現象(ライミング)が発生する。そして、成長した氷晶は落下を始める。これにより、雲に円形の穴が開き、その中心付近から筋状の尾流雲が降りる。尾流雲は氷晶からなることが多いので、羽毛のような巻雲の形状をしていることが多い。凍結開始のきっかけとしては、層状の雲が2層以上に重なっていて、上層の雲から落下してきた氷晶が過冷却雲層に達すること、などが指摘されている。

穴あき雲 - Wikipediaより引用)


ただでさえなかなか目にすることのない穴あき雲。その穴にこんなに美しい彩雲が掛かっていたら…空を飛んで突入してみたくなってしまいますね。

rare cloud phenomenon over eastern Victoria, Australia. pics

雲のカタログ  空がわかる全種分類図鑑
村井昭夫 鵜山義晃
草思社
売り上げランキング: 33,323

・関連記事
虹が鏡面のような湖に映って美しい円を描く奇跡的なショットが撮影される | BUZZAP!(バザップ!)

地上で最も乾燥した砂漠に雨が降り注いだら…息を呑むほど美しい楽園になりました | BUZZAP!(バザップ!)

飛行場の上空を飛ぶUFO(未確認飛行物体)を撮影した動画がFacebookで話題に | BUZZAP!(バザップ!)

雲がちぎれ、竜巻がうねり、オーロラが駆け抜ける、大空の息を呑むほどの躍動とスケールを克明に映し出すタイムラプス動画「Edge of Stability」 | BUZZAP!(バザップ!)
幻覚の中に飛び込んだかのような虹色の渦に巻き込まれるジェン・スタークのめくるめく立体切り紙作品たち | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加