これは素敵、ガラスと竹で作られた透明で「持続可能」なトースター

このエントリーをはてなブックマークに追加



近未来的ながら和テイストの部屋にもしっくりきそうな素敵なトースターです。詳細は以下から。

Stumpf Studioを主催するデザイナーのJames Stumpfさんが持続可能なキッチンというテーマの下で作り上げたのがこちらのトースターのコンセプトモデル。素材にはガラスや竹といった持続可能な材質を用い、プラスチックは使用せず金属も最小限に抑えています。


ガラス部分に加熱コイルが埋め込まれ、タッチスクリーンで操作が可能。コイルは素早く冷却される技術を採用しているため安全で、パンを入れるスロットも広く取り出しやすいため、焼けると飛び出すというお馴染みのシステムは採用されていません。


昭和レトロなあのトースターも懐かしくて良いのですが、こんなインテリアとしても楽しめるトースターがある生活はまた違ったものになりそうです。

A Brilliantly Designed Slimline Transparent Toaster Made From Sustainable Glass and Bamboo

・関連記事
「ネス湖のネッシー型のオタマ」の造形が反則レベルに可愛いくて人気に | BUZZAP!(バザップ!)

その発想はなかった!淹れたてコーヒーで起こしてくれる目覚まし時計 | BUZZAP!(バザップ!)

「コップのフチ子」型の自動的に水をストローで吸い上げてくれる超小型プランターがかわいい | BUZZAP!(バザップ!)

昆虫食でも有名なミールワームが発泡スチロールやポリスチレンプラスチックを食べて消化できることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

日本初の昆虫を発酵させた調味料「イナゴソース」が発売 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加