Xperiaからドコモロゴを取り除く魔法のシートが話題に



大手3社からXperiaシリーズが発売されるようになって顕在化した、ドコモ版Xperiaのロゴ問題に、一筋の光明が差しました。詳細は以下から。

◆Xperiaのドコモロゴ問題とは?
まず見てもらいたいのが、携帯各社が販売しているXperiaのロゴ配置。左からドコモ、au、ソフトバンク版です。正面は何ら変わりの無いように見えますが……


裏返してみるとその差は一目瞭然。ドコモ版は中央に「docomo Xi」のロゴが堂々と配置されているのに対し、au版は「XPERIA」、ソフトバンク版は「SONY」ロゴ。ドコモだけ自己主張がとても強くなっています。


さらにドコモ版だけ背面右上に型番がプリント。


最新のXperia Z5シリーズでも配置は変わりません。


◆ドコモロゴをきれいさっぱり消せるシートが話題に
そんな中、液晶保護フィルム「OverLay」シリーズでおなじみの老舗メーカー、ミヤビックスが発売したのが「OverLay Protector for Xperia Z5」。一見ただの衝撃吸収仕様の背面保護シートですが……


貼るとなぜかドコモロゴだけが隠れます。これはすごい。


斜めから見ても分かりません。Amazon.co.jpでは、この不思議な効果を体感できたユーザーから多くの喜びの声が寄せられています。


また、利用者の声によると、衝撃吸収仕様をうたうだけあって、ややシート自体は柔らかく、手から滑り落ちにくくなる効果があるとのこと。ドコモロゴの自己主張の強さに悩まされている人にとっては、まさにオススメの一品ではないでしょうか。

・関連記事
あまりにも分かっていないドコモ版Xperia Z3のロゴ配置、ソフトバンクはiPhone並みの待遇に | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話本体が大幅値上がりへ、一括0円どころか実質0円もアウトに | BUZZAP!(バザップ!)

「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング