おそロシアのハンターが仕留めた体重500kgの猪がどう見ても乙事主でした

このエントリーをはてなブックマークに追加



パリで同時多発テロが起きていたあの日、ロシアではひとりのハンターが巨大な猪を仕留めていました。詳細は以下から。

2015年11月13日の金曜日、ロシアのウラル山脈の東に位置するチェリャビンスク在住でAndreev Hunting Farmの共同創始者でもある36歳のハンター、Peter Maximovさんは一生に一度の獲物に出会うこととなりました。

Maximovさんはいつもの週末と同じようにショクロフ村にハントに来ていました。野生の猪が餌を求めて徘徊するエリアに囮の餌を設置し、ハンティング用の塔に登って獲物を待ちました。

すると世界中のハンターが羨むような巨大な猪がその餌に釣られて出現。熟練のハンターであるMaximovさんは狙いを定めて猪を撃ち、命中させましたがその場で倒すことは叶わず、猪は森の奥への逃げ去りました。

Maximovさんはその手負いの大猪をひとりで後を追うのは危険だと判断し、地域のレンジャーに助けを求めて共に猪を追うことにしました。ふたりは長い時間を掛けて猪の足跡を追跡し、ようやく猪を見つけました。猪はまだ生きていましたが動けない状態でした。


Maximovさんはとどめを刺そうと大猪を撃ちましたが、その猪は倒れずに最後の力を振り絞ってMaximovさん達に突撃してきました。Maximovさんたちは慌てて木の影に隠れて3度目の射撃を行い、ようやくその猪を倒すことができたといいます。

なんとかこの大猪を持ち帰ろうとしたMaximovさんでしたが、彼らの乗ってきたトラックは大猪を載せるには小さすぎ、さらにはどうやってもふたりで持ち上がる重さではなかったため、ロープで結びつけて雪の上を初クロフ村まで引きずっていったとのこと。

ようやくそこで写真を撮影したのがこちら。体重はなんと535kg、肩までの高さは1.7mにも及ぶ超巨大な猪であったことが判明しました。まさにもののけ姫に出てくる乙事主そのものの威風堂々たる体躯です。




東ヨーロッパからロシアの猪では体重300~350kg、肩までの高さが1.25mほどにまで成長した例の記録があるようですが、このサイズはとにかく桁外れ。近年ではハンターらによる狩りのため、そこまで大きく育った例は滅多にないとのこと。

なお、Maximovさんがこの写真をロシアのハンティングサイトImperial Huntingにアップしたところ一躍有名になりましたが、ロシア語のニュースサイトに転載されたところ、「高い塔から撃ち殺すとはなんて臆病な戦い方だ!」「猪に生きるために戦うチャンスすら与えなかった」「無抵抗に横たわる動物を殺すなんて!」「エゴの満たすために意味のない殺生をした」「攻撃的でちっちぇえ人間が流血に喜びを見出しやがった」などと大炎上してしまいました。

ですが、Maximovさんはただ満足のためだけにこの乙事主と見まごう巨大な大猪を倒したわけではなく、その後美味しく頂いている様子をImperial Huntingの写真からは伺うことができます。


さすがに肉が硬いのではないかと心配になりますが、おそロシアのハンターにとってはちょうどいい塩梅なのかもしれません。やはり…ウォッカをがぶ飲みしながらかぶりついたのでしょうか?

Russian Hunter Bags Trophy of His Life after Shooting Half-a-Ton Boar Oddity Central - Collecting Oddities

もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD]
posted with amazlet at 15.12.10
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-07-16)
売り上げランキング: 2,243

・関連記事
6年の歳月を掛け、72万枚目にしてついに撮影されたカワセミのハントの決定的瞬間 | BUZZAP!(バザップ!)

海と空からの挟み撃ちから逃げまくる、トビウオの本気のフェイントがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

クマムシの遺伝子の1/6は別の生物から「遺伝子水平伝播」によって獲得されたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

ホオジロザメはヘヴィメタルがお好き | BUZZAP!(バザップ!)

【画像】この写真の中に隠れている550頭の羊を見つけられますか? | BUZZAP!(バザップ!)

【食事中注意】クトゥルフの眷属の誕生?おぞましく冒涜的なキノコ「タコスッポンタケ」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加