ドコモがiPhoneなどを数万円値上げへ、ついにMNP「実質0円」撤廃



ドコモが今後、スマホを数万円値上げする方針であることが明らかになりました。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、NTTドコモは近くスマホを1~2万円値上げするそうです。

これは携帯電話販売店に支払う販売奨励金を減らすことによるもので、値上げ幅は機種により異なるものの、iPhoneなどの主要スマホを1~2万円引き上げたあと、さらに段階的に引き上げる考えとのこと。つまり今後、スマホの本体価格が数万円値上がりするわけです。

なお、ドコモがスマホの値上げに踏み切るのは、総務省が求める料金引き下げを実現するため。

携帯各社はMNPを利用して2年契約したユーザーに、月々の通信料金を割り引いて端末代を実質0円にする販売手法を導入していましたが、ドコモが方針を転換する初の携帯電話会社に。販売代理店が独自のキャンペーンとして実質0円での販売を続けないよう、周知を徹底するという念の入れようです。

また、ドコモは今月末に料金引き下げの第1弾として、家族割引の拡充を柱とする新プランを公表する方針。ソフトバンクが4月以降に導入する1GBプランのような、月々の通信量が少ない割安プランについても検討するとされています。

ドコモ「実質0円」撤廃 スマホ1万~2万円値上げ  :日本経済新聞

・関連記事
スマホ一括0円+キャッシュバック継続中、1月12日完全終了説は携帯ショップのデマだった | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが実質0円の格安小型タブレット「dtab Compact d-02H」発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

「値下げ」に沸く携帯料金、支払額が変わらないどころか上がる可能性もあることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

携帯3社が「実効速度」を公開、「最速」のはずのソフトバンクが最下位に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング